Yuko

記事一覧(65)

バイクの神様に選ばれて 松崎祐子(後編)/aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号

2018年4月にバイクやクルマ好きの女性に向けた情報サイト『Lady Go Moto!』を立ち上げたバイク女子でもある松崎祐子。どんな想いでサイトを作るに至ったのか……彼女を知るカーライフジャーナリストのまるも亜希子がインタビュー。(「ahead」2018年9月号より転載)ーーーーー前編を読むーーーーーそして編集部の誰もが驚いたのが、そのあとに続く愛車遍歴である。SRの後に18年くらい乗っていたというヤマハ・セロー225は、スクランブラー風にカスタムされたオレンジブルバードのコンプリートバイク。軽くて機敏で、もはや体の一部のようだったという。次は当時お付き合いしていた彼の影響で、大型免許を取ってまで乗り換えたハーレー・FXE。'79年ごろの、なんとショベルヘッドと呼ばれるモデルに乗っていたという。女性が乗ることが全く想定されていない本物志向のクラシックバイクだが、古い機械を動かしているという感覚がたまらなかったらしい。その後、ハーレー・スポーツスター(883)、なんともツウ好みなドゥカティ・ムルティストラーダ1000Sときて、現在はドゥカティ・スクランブラー。どれも、決してファッション感覚だけで乗れるわけではない。センスの良さが光ると同時に、松崎さんが本気のバイク好きであることを物語る愛車遍歴である。