バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

【コバユリの胸きゅんキャンプギア #24】『セリア』のトングケース

ライダーにとっては厳しさこの上ない今年の残暑。新型コロナウイルスのこともあるので、この夏は泊りがけのツーリングをお休みした、という方もいらっしゃることと思います。立ち止まることも、たまには必要ですね。

バイク ツーリング
『セリア』のトングケース
  • 『セリア』のトングケース
  • 『セリア』のトングケース
  • 『セリア』のトングケース

ライダーにとっては厳しさこの上ない今年の残暑。新型コロナウイルスのこともあるので、この夏は泊りがけのツーリングをお休みした、という方もいらっしゃることと思います。立ち止まることも、たまには必要ですね。

片や、動いていないと死んでしまうわたくしは、今年も自分が監修する北軽井沢のキャンプ場・アースマイルビレッジへ、週末ごとに通勤しています。バイクでの移動は、早朝走り出して涼しいうちに。クルマのときはクーラー天国に酔いしれながら、食料などの調達以外寄り道をほとんどせずに高原に着き、”密”とは無縁の草原で、仕事をしながらキャンプもちゃっかり楽しんでいます。

先日、その往復の道中に所用で立ち寄った百均ショップ・セリアでのこと。何かキャンプに使えるものはないかなーと物色していたら、ビビビとくるものを見つけてしまいました。『マルチツールカバーL』という代物! これが、あったらいいのにとずっと思っていた、“焚き火用トングのケース”として活躍してくれることに。


焚き火台にはケースが付いてくる、あるいはオプション品として別売りのケースが用意されていることがほとんどなのに、トングがそうでない理由はおそらく、トングも焚き火台ケースにまとめて収納することを想定しているからだと思うのですが、バイクキャンプではなかなかそうはいきません。長さのあるトングを一緒に収納できるような大きな焚き火台は、積載が難しいのでなかなか選ばないし、コンパクトな焚き火台ケースにも収まるミニサイズのトングは、炭をいじるには問題なくても、薪を操るには長さが足りません。


従って、仕方なく新聞紙に包み、さらにスーパー袋に入れてぐるぐる巻きにして、「面倒だしカッコわる!」とモヤモヤしながら運搬していたこの数年を、この『マルチツールカバーL』が、まさかの110円ですっきり解決してくれました。以前紹介した愛用の『キングトング』(長さ約40cm)がギリギリ収まり、しかもちょっぴりグッドルッキン。

バイクキャンプには不便も多い分、こういう“シンデレラフィット”を見つけられたときの喜びと言ったらもう。焚き火の秋よ、早く来い!

小林夕里子/Yuriko Kobayashi
“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームはコバユリ。新聞や雑誌で主にバイクのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。軽井沢周辺お出かけフリーマガジン「karu×2(カルカル)」編集長。アロマテラピーアドバイザー。

《小林夕里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top