バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

【コバユリの胸きゅんキャンプギア#23】まさに女子ライダーのためのまな板!『アルテレニョ』のカッティングボード

料理は好きだけど、盛りつけは苦手な私。SNSで“映える”キャンプごはんをアップしている女子ライダーたちを心から尊敬している。

バイク ツーリング
『アルテレニョ』のカッティングボード
  • 『アルテレニョ』のカッティングボード
  • 『アルテレニョ』のカッティングボード
  • 『アルテレニョ』のカッティングボード
  • 『アルテレニョ』のカッティングボード
  • 『アルテレニョ』のカッティングボード

料理は好きだけど、盛りつけは苦手な私。SNSで“映える”キャンプごはんをアップしている女子ライダーたちを心から尊敬している。

できることなら自分だって、舌だけでなく目でも楽しめるごはんで気分をアゲたい! けれど、キャンプで手の込んだことをするのは面倒…。そんな私の必殺技は、イタリアのオリーブウッド製キッチンツールメーカー『アルテレニョ』のまな板をお皿と兼用にしてしまう。以上!


『アルテレニョ』のキッチンツールは、樹齢200~300年の厳選された木材のみを使用し、職人の手によって丁寧にハンドメイドされています。オリーブウッドはとても丈夫で、刃による傷がつきにくく、使い込むことで味わいが深まるのが特徴。

バイクでの持ち運びも苦にならないサイズ感がうれしい、この「ルスティックカッティングボード」は、形も木目の模様もひとつずつ違うので、世界にひとつだけのまな板を選ぶ楽しみがまずひとつ。


次に、この上で例えばチーズや果物を切り分けたなら、そのままボードごとテーブルに置いただけで、おしゃれな盛りつけに見えてしまうというオリーブウッドマジック。結果、スーパーで買ったチーズも牧場で買い付けたこだわりのひと品に見えてきて、とっても美味しく感じられ、感謝の気持ちでいっぱいになるのです。オリーブさん、今日もずぼらな私を救ってくれてありがとう(泣)。

キャンプごはんを素敵に演出してくれるうえに、まな板とお皿がひとつで済んで、バイク乗りが大好きな“育てる楽しみ”もあるカッティングボード。まさに女子ライダーのためのまな板とも言えましょう。

小林夕里子/Yuriko Kobayashi
“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームはコバユリ。新聞や雑誌で主にバイクのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。軽井沢周辺お出かけフリーマガジン「karu×2(カルカル)」編集長。アロマテラピーアドバイザー。

《小林夕里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top