バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン

“カレーはキャンプ料理の王道”というイメージが一般的にもかかわらず、私がほとんど作ったことがないのには理由がある。

バイク ツーリング
コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア#19 『ユニフレーム』のシリコンスプーン

“カレーはキャンプ料理の王道”というイメージが一般的にもかかわらず、私がほとんど作ったことがないのには理由がある。

まず、鍋肌にこびりついたまま寒さで固まった食べ残しを、きれいに洗い落とすのが面倒だから。そのこびりついたのを、洗う前にきれいにしようとスプーンでかき集めようものなら、金属同士が擦れ合う、あの絶望的に不快な音に、鳥肌が止まらなくなる。最悪だ。

もうひとつの理由は…私が王道が嫌いなひねくれ者だから(笑)。

しかしそんなひねくれ者も、ついカレーを作りたくなってしまう、魔法のスプーンがあるのをご存知ですか? ユニフレームの『FDシリコンスプーン』です!


すくう部分がシリコンでできている、ということはつまり、スプーンとしての機能のほかに、鍋の隅に溜まったものまできれいにかき集める、ゴムベラのような役割も果たしてくれます。食べ残しを減らせるし、洗い物がすこぶる楽になるし、フッ素など鍋のコーティングも傷つかず、鳥肌も立たずで、いいこと尽くし。


また、名前の「FD」は“フォールディング”の略で、柄の部分が折りたためることを意味しています。ユニフレームで人気の“山シリーズ”として作られていることもあり、コンパクトに持ち運べるのでバイクキャンプにも持って来い。

私が愛用しているのは型落ちしたロングサイズで、現行モデルは写真のものよりひと回り小さく、ブルーとグリーンの2色展開。さあ、あなたも次のキャンプはこれでカレーに…したくなったでしょ!?

《小林夕里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top