バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

来冬が待ち遠しい!『ロッソスタイルラボ』『アーバニズム』来期秋冬アパレル速報

こんにちは! 二輪好きエッセイスト、コバユリこと小林夕里子です。早くも三寒四温のこの頃ですが、朝晩はまだまだ真冬の寒さ。防寒とおしゃれの狭間で、あれこれ悩んだり、失敗したり、めげずにチャレンジする楽しみもまた、この季節ならではですね。

バイク トピックス
『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会
  • 『ジェーアンブル』2020-2021年秋冬新作展示会

こんにちは! 二輪好きエッセイスト、コバユリこと小林夕里子です。早くも三寒四温のこの頃ですが、朝晩はまだまだ真冬の寒さ。防寒とおしゃれの狭間で、あれこれ悩んだり、失敗したり、めげずにチャレンジする楽しみもまた、この季節ならではですね。

そんな中、女性ライダーならご存知のレディースライディングウェアブランド『ロッソスタイルラボ』や、女性サイズも展開するアウトドアミックスなアーバンライディングウェアブランド『アーバニズム』を手がけるメーカー『ジェーアンブル』の、2020-2021年秋冬新作展示会に行ってきました。


ジェーアンブルのライディングウェアは、アパレル業界で経験を積んだ男女デザイナーによってつくられ、ライダーを含む男女スタッフがテストを重ねて商品化されていることもあり、バイクを走らせているときのフィッティングのよさと、バイクを降りているときの、一般アパレルのようなスッキリしたシルエットとのバランスが良好。

特に女性専用設計の『ロッソスタイルラボ』は、小柄な私(154cm)でもフィットするSサイズから、大きめ女子にもうれしいLLサイズまでそろう、サイズ展開の幅広さも人気です。

その『ロッソスタイルラボ』、前回の秋冬から、従来のフェミニンなデザインに加えて、大人っぽさやアウトドアテイストを取り入れた幅広いラインナップになりました。


今回のコレクションでは、ラインナップの広さはそのままに、全体的にバージョンアップした印象。例えば、クラシックテイストのジャケットの裏地にチェック柄のフランネル生地が使われていたり、脱着式インナーダウンに収納ポーチが付属したり、マウンテンパーカーも一部CEプロテクターを標準装備してハイスペック化していました。”おしゃれ”と”機能”、どちらの方向にもひとつコマを進めたウェアの数々に思わず目移り!


一方『アーバニズム』でも、4ウェイストレッチハイテク素材を使った女性専用設計のソフトシェルジャケットや、女性の着用を想定したユニセックスSサイズを設けたパーカーが引き続きラインナップされています。ロッソスタイルラボのスキニーボトムとも相性がよさそうでしたよ。

おしゃれは女子の原動力。今後も『ロッソスタイルラボ』『アーバニズム』の新作に注目です!

小林夕里子/Yuriko Kobayashi
“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームはコバユリ。新聞や雑誌で主にバイクのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。軽井沢周辺お出かけフリーマガジン「karu2(カルカル)」編集長。アロマテラピーアドバイザー。

《小林夕里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top