バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

【女性目線の東京モーターショー2019】#1:ホンダ…モノづくりへの情熱とコトの提案が随所に

こんにちは! モータージャーナリストの村上菜つみです。秋もすっかり深まり、だんだん空気がひんやりしてきましたね。でも、私の心はひそかに熱く燃えています。なぜって今年はモーターショーの開催年だから!!

イベント バイク
女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!
  • 女性目線の東京モーターショー2019。ホンダブースを村上菜つみがレポート!

こんにちは! モータージャーナリストの村上菜つみです。秋もすっかり深まり、だんだん空気がひんやりしてきましたね。でも、私の心はひそかに熱く燃えています。なぜって今年はモーターショーの開催年だから!! というわけで、モーターファンおなじみの東京ビッグサイトにやってきましたよ。

第46回となる今回のテーマは「OPEN FUTURE」。「100年に一度のモビリティ革命」と言われる今の時代にぴったりな、未来にたくさんの希望を届けてくれる演出でいっぱいでした。従来「モノ」中心だった各ブース展示も、今回ばかりは「ヒト」「コト」が主役。未来の生活を想像してワクワクする、そんな希望あふれるモーターショーレポートをお届けします!

「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」


まず初めにやってきたのは、ホンダブース。「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をブーステーマに、いかにも冒険に連れ出してくれそうな車両をたくさん展示しています。中央に設置された可動式の大型スクリーンには臨場感あふれる映像が投影され、ずっと眺めているとどこか遠くへ出かけたい衝動に駆られてしまいました。


本田技研工業・広報部の尾崎巨典さん(左)とホンダモーターサイクルジャパン・パブリックリレーション部の根本陽平さん(右)。「女性が生活にも趣味にも、もっともっとホンダのバイクを役立てて、楽しんでくださると嬉しいですね」


こちらはワールドプレミアとして初公開された『CT125』。世界中で愛されているカブシリーズをベースにしたコンセプトモデルです。「ハンターカブ」の愛称で親しまれてきた往年の人気モデルを踏襲したとも言われています。当時からのファンも久々の再来に大興奮です!


ホンダといえばやっぱり『スーパーカブ』。可愛いルックスとタフな車体、おまけに乗ってもいじっても楽しいとなればやっぱり1台は欲しいですよね! 何度も乗ったことがある車両ですが、こういった場所で改めて跨ってみると俄然ほしくなってきます。


広報のおふたりが今回、女性にもおすすめされていたのがこちらの『CRF1100L アフリカツイン デュアルクラッチトランスミッション』。従来のアフリカツインよりも1.8kg軽量化され足つき性も向上、さらに新開発のエンジンはトルク・出力共にアップしたとあって、女性にもより扱いやすくなったようです。今回日本で初公開されたこちらは、2020年の2月14日に発売。「自分を連れ出す」のにもぴったりの一台と言えるのではないでしょうか。


こちらが「CRF1100L アフリカツイン デュアルクラッチトランスミッション」のスイッチ類。一見複雑で「こんなの扱いきれない…」と不安になるかもしれませんが、走行中に必要なウインカーやハザードなどは下部に集中しており、上部に配置されたものは停止中に使用するものばかりなので、慣れるととても便利とのこと。


本田技研工業・ものづくりセンターの森田健二さんが、丁寧に操作系の説明をしてくださいました。なんと、自分の使いやすいようにカスタマイズできるボタンまであるそうです。

ホンダのモノづくりへの情熱とコトの提案が随所に感じられる、あたたかいホンダブースいかがでしたか? 場内の中心部、とてもわかりやすい場所にあるのでぜひ訪れてみてくださいね!

《村上菜つみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top