バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ

この連載の3話目で、『マイルストーン』のヘッドランプを紹介しました。洗練されたデザインに加えて、ナチュラルウォームカラー(電球色)LEDがメインに搭載されているため、目に優しく、ナチュラルなムードも素敵!

バイク ツーリング
コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #15 『マイルストーン』の超軽量コンパクトなヘッドランプ

この連載の3話目(https://www.ladygomoto.com/article/2019/03/07/133.html)で、『マイルストーン』のヘッドランプを紹介しました。洗練されたデザインに加えて、ナチュラルウォームカラー(電球色)LEDがメインに搭載されているため、目に優しく、ナチュラルなムードも素敵!

そのマイルストーンのヘッドランプに、今年、シリーズ最軽量モデルが登場。バイクキャンプに新規導入してみたところ、シリーズ最大の胸きゅんが襲いましたので報告いたします!

モデル名は、「MS-G1」。重量わずか約28g! 3話目で紹介したモデルの1/3を下回る軽さは、頭に着けているのをうっかり忘れてしまうほど。ランプの重さで帽子ごとおでこからずり下がってくることもないし、ずり下がらないようにヘッドベルトをキツめに締める必要もありません。小ぶりなサイズ感と、どんなファッションにもシックに馴染むデザインも、さりげなさこの上ない。


それでいて、最大300ルーメンの明るさを発揮し、バッテリーの持ちは約18時間(最弱時)。便利なUSB充電式は、長旅でも電池をじゃらじゃら持ち運ぶ必要なし。明るさの無段階調節機能、IPX4の防水性など、キャンプ使用に必要にして充分な性能を備えており、一度使うと、レギュラーサイズに戻る気が起きなくなってしまうほどストレスフリー。

しかし、これだけでは終わらないのがこのランプの真骨頂です。ヘッドベルトの代わりに付属の専用クリップを本体に取り付けると、例えば着ているジャケットの胸ポケットや、テントの外幕やガイロープなど、好きなところにランプを留めることができてとっても便利! ランタン代わりにも活躍するという多機能ぶりが、荷物をコンパクトにしたいライダー心を激しくくすぐるのですよ。お試しあれ。

小林夕里子/Yuriko Kobayashi
“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームはコバユリ。新聞や雑誌で主にバイクのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。軽井沢周辺お出かけフリーマガジン「karu2(カルカル)」編集長。アロマテラピーアドバイザー。

《小林夕里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top