バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #14 「百均でも買える!」キャンドル型LEDランプ

キャンプのお楽しみもいろいろですが、私はやっぱり夜が好き。闇に包まれ、虫の音など聴きながら、心ゆくまで夜空を見上げる贅沢たるや。

バイク ツーリング
コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #14 「百均でも買える!」キャンドル型LEDランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #14 「百均でも買える!」キャンドル型LEDランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #14 「百均でも買える!」キャンドル型LEDランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #14 「百均でも買える!」キャンドル型LEDランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #14 「百均でも買える!」キャンドル型LEDランプ
  • コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #14 「百均でも買える!」キャンドル型LEDランプ

キャンプのお楽しみもいろいろですが、私はやっぱり夜が好き。闇に包まれ、虫の音など聴きながら、心ゆくまで夜空を見上げる贅沢たるや。

そんな私を待ち構える危険な罠は、足元の暗がりに潜んでいる。トイレに行こうと立ち上がり、歩き出した瞬間、テントやタープから張り出したガイロープ、あるいはその先を地面に打ち込んだペグに、派手に躓く! 雰囲気台無しなわけです。タープが崩壊しかけたりすると、周りのキャンパーたちからの視線が、もう本当に恥ずかしい。

躓いてばかりで学習能力のない自分にいい加減嫌気が差して、あるとき、反射素材が編み込まれたガイロープや、LED照明付きのペグを導入しようと、ネット調査に勤しんでおりましたら、知人がコレを使っているのを発見。「おもしろい!」と真似っこしてみたら、あっさり解決いたしました。ティーキャンドルの形をしたLEDランプです。


スイッチを入れて点灯させ、まるで本当にティーキャンドルが灯されているような風合いのそれを、打ち込んだペグの頭の辺りに置くだけ。この灯りに近づかないようにすれば、ガイロープへの体当たりも避けられるというわけです。

見た目だけでなくお値段も可愛いので、「ペグと同じ数だけ揃える!」とつい意気込みそうになりますが、荷物がかさばってしまうのもライダーとしては避けたいところなので、躓きやすいところ2ヶ所くらいから始めてみてはいかがでしょう。それと、使い終わったあとの撤収し忘れにご注意ください(笑)。

小林夕里子/Yuriko Kobayashi
“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームはコバユリ。新聞や雑誌で主にバイクのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。軽井沢周辺お出かけフリーマガジン「karu2(カルカル)」編集長。アロマテラピーアドバイザー。

《小林夕里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top