バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

【風吹くままに井戸端会議】第8回:忘れちゃいけない車内のお掃除、実は結構汚れてるんです!

女性のための車生活サイト「beecar」編集長の鈴木珠美こと“たま”と、バイクやクルマを愛する女性のためのメディア「Lady Go Moto!」編集長の松崎祐子こと“ゆうこりん”が、バイク&クルマでそれぞれ待ち合わせをして、会議……もとい、気ままなおしゃべりをするコーナー。

クルマ お悩み解決
【風吹くままに井戸端会議】第8回:忘れちゃいけない車内のお掃除、実は結構汚れてるんです!
  • 【風吹くままに井戸端会議】第8回:忘れちゃいけない車内のお掃除、実は結構汚れてるんです!
  • 【風吹くままに井戸端会議】第8回:忘れちゃいけない車内のお掃除、実は結構汚れてるんです!
  • 【風吹くままに井戸端会議】第8回:忘れちゃいけない車内のお掃除、実は結構汚れてるんです!
  • たまの元愛車。ルポGTI。
  • 【風吹くままに井戸端会議】第8回:忘れちゃいけない車内のお掃除、実は結構汚れてるんです!
  • 【風吹くままに井戸端会議】第8回:忘れちゃいけない車内のお掃除、実は結構汚れてるんです!
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」

女性のための車生活サイト「beecar」編集長の鈴木珠美こと“たま”と、バイクやクルマを愛する女性のためのメディア「Lady Go Moto!」編集長の松崎祐子こと“ゆうこりん”が、バイク&クルマでそれぞれ待ち合わせをして、会議……もとい、気ままなおしゃべりをするコーナー。

ふたりが待ち合わせした場所は「代官山T-SITE」。Lady Go Moto!の “ゆうこりん”はバイクにかわり、今回は愛車のアルファロメオ『スパイダー』で、beecarの “たま”は、シトロエン『DS3R』で集合。

車好きの女性は、付き合う人も車好きの男性がいいの?

筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」
松崎祐子(以下 ゆうこ):これまでたくさんの車好きの女性ドライバーを取材してきたと思うのですが、車好きの女性は付き合う男性も車好きのほうがいいのかしら?

鈴木珠美(以下 たま):私も最初は趣味が一緒のほうがいいのかなと思ったけど、本当にそれはおのおの違いますね。確かに車好きがご縁で結婚したカップルは少なくないです。結婚後は、1台はファミリカーにして、もう1台は一緒にサーキット走行を楽しめる趣味の車を所有して、仲良くしている方もいます。逆に、恋人時代は車を通して仲良くしていたけれど、結婚後は女性が車からいったん離れるケースが多く「いつまでも彼が車にお金をかけてしまうから困る」という愚痴も。

ゆうこ:なるほどー。女性のほうが家計を守る意識が高いのかな。

たま:子育てなどがあると子供のためにという考えもあるんだと思います。あと、なんとなく世代でも違いがあるように思います。たとえばアラフィフ世代は「車の運転がヘタな男性は許せん!」という声が多く、30代、20代と世代が若くなるほど、男性の運転や乗っている車に対して、特別な要求は無い傾向。「彼が運転しないなら私がするから大丈夫♪」みたいな。バイク好きの女性はどういう傾向ですか?

ゆうこ:バイク女子もいろいろですね。夫婦やカップルで一緒に楽しんでいる人もいれば、彼氏や旦那さんは乗らないけど自分は乗ってるとか。でも、付き合うきっかけになったのはバイクという人は多いような気がします。いずれにしても、女性がバイクに乗り続けるには、パートナーの理解が絶対必要だと思う。だって、ツーリングに出かけるのに嫌な顔されたら、やっぱり出かけにくくなって最終的には降りちゃうことも。逆に子育てでしばらく乗ってなかったけど、バイク乗りの旦那さんに「また乗ったら…」と背中を押されて乗り始めたという話も聞くので、いずれにしてもバイクに理解のある人ならいいってことですね(笑)。

車内の掃除ってどうしてる?


ゆうこ:ところでたまちゃん、車内の掃除のポイントってありますか? じつはあまり車内の掃除はしていなくて(汗)。

たま:お。そうなんですね。車内も掃除しないと、かなーり汚れていますよ。

ゆうこ:ボディは割とまめに洗車しているんだけど、車内は何となく、スルーしてしまっています。

たま:簡単な日常的な掃除方法でいうと、まずはフロアマット。乗り降りの際に外履きのままだと砂埃が入るので定期的にフロアマットは外して外で砂埃をたたき落としたほうが良いですね。掃除機も定期的にかけたほうがいいのは家と同じ。チリ、ほこりを除去しておきたいです。それからクルマのシートも。汚れがひどいときはカー用品店で売っている、布製シート用または革製シート用のクリーナーを活用すると良いと思います。あと忘れがちなのは、手が触れる部分の拭き掃除です。


ゆうこ:手が触れる部分?

たま:ハンドルやシフトノブ、ドアの取っ手部分。手で触れる部分は皮脂汚れがこびりついています。車内は見た目的に汚れが目立たないからつい忘れてしまうんですけど、スイッッチ類やウインカーなどの手で操作する場所は除菌シートで拭いたほうがいいですね。


ゆうこ:確かに~、すぐやらなくちゃ(笑)。車内は全然掃除が行き届いてなかった~(汗)。

たま:でもゆうこりん、洗車はけっこうマメにしてるんですよね? しかも手洗いですよね?


ゆうこ:お気に入りの洗車場があるんです。地下駐車場の一角が洗車場になっていて駐車料金のみで洗車ができるんです。それに屋内だから夏は日焼けしないし、冬は寒さもしのげるのですごくいい場所なんです。

たま:高圧洗浄機はありますか?

ゆうこ:そういういわゆる、洗車機はなく、水道からホースが出ているだけ。

たま:えー、じゃ、本当に手洗いですね。自分で洗車するにしてもコイン洗車場の高圧洗浄機で洗っているから、手洗いで綺麗にできるかな…。自信がないわ。

ゆうこ:わたしも自分のやり方が正しいかどうかわからないけど(笑)、シャンプーを泡立ててボディを洗って、ワックスをかけてと1時間半くらいかけてやっていますよ。今度、一緒に行ってみますか?

たま:ゆうこりんと一緒ならば、トライしてみようかな。ちょっと新しい洗車道具もほしくなってきたかも(笑)。

女性のための車生活サイト「beecar

《鈴木珠美》

編集部おすすめの記事

特集

page top