バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

【わたしの恋モノ・クルマ編】トンネル内での掛け外しの煩わしさがないサングラス

Lady Go Motoスタッフ&ライターが、思わず恋してしまったお気に入りアイテムを紹介する「わたしの恋モノ」。今回は編集部マツザキがサングラスを紹介します。

ファッション グッズ
【わたしの恋モノ・クルマ編】トンネル内での掛け外しの煩わしさがないサングラス
  • 【わたしの恋モノ・クルマ編】トンネル内での掛け外しの煩わしさがないサングラス
  • 【わたしの恋モノ・クルマ編】トンネル内での掛け外しの煩わしさがないサングラス
  • 【わたしの恋モノ・クルマ編】トンネル内での掛け外しの煩わしさがないサングラス
  • 【わたしの恋モノ・クルマ編】トンネル内での掛け外しの煩わしさがないサングラス

Lady Go Motoスタッフ&ライターが、思わず恋してしまったお気に入りアイテムを紹介する「わたしの恋モノ」。今回は編集部マツザキがサングラスを紹介します。

1本で2通りの使い方ができる

陽射しが眩しい季節。サングラスが手放せない季節になってきましたが、ドライブ中に悩ましいのはトンネルに入ったとき。

レンズ色の薄いものであれば、トンネル内でも見えることはありますが、濃いものだと見えづらいのでやっぱり外すしかありません。みなさんも外したサングラスを頭に乗っけたりした経験ありますよね? でもそれもわずらわしかったり、ときには滑り落ちることも。


そこで、私が最近よく使っているのは、KANEKO OPTICALの跳ね上げ式のクリップオンがセットされたメガネ「KJ-05」。トンネル内に入ったときはクリップオンを上に上げるだけなので、置き場所に困ることがありません。
小ぶりのボストンタイプは女性も掛けやすいしですし、細めのセルフレームは軽いので、長時間使用していてもストレスがありません。


クリップオンを外せば、お洒落なメガネ(私の場合、度は入ってないので)としても使えるので、ちょっと雰囲気を変えたいときなどに重宝しています。1本で、サングラスとメガネの2通りの使い方ができるのでお得とも言えます。

《松崎祐子》

編集部おすすめの記事

特集

page top