バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

【マーシャのGS道場】 vol.1   44才 163cm 65kg のザ・ジャパニーズレディ、夢は「GSで世界中を駆けぬける」

8年間恋い焦がれついにBMW R1200GSを手に入れたライダーライターの矢島マーシャが、相棒となったマンモスバイクとの日々を綴ります。 マーシャのビッグオフ暴険記「GS道場」スタート。

バイク エンタメ
日本一女性に優しいディーラー(を目指す)モトラッド相模原さんのセールスのサトヨコさんと。2018年に試乗したバイクがまさかパートナーになるなんて
  • 日本一女性に優しいディーラー(を目指す)モトラッド相模原さんのセールスのサトヨコさんと。2018年に試乗したバイクがまさかパートナーになるなんて
  • 【マーシャのGS道場】 vol.1   44才 163cm 65kg のザ・ジャパニーズレディ、夢は「GSで世界中を駆けぬける」
  • 【マーシャのGS道場】 vol.1   44才 163cm 65kg のザ・ジャパニーズレディ、夢は「GSで世界中を駆けぬける」
  • 旅の途中で無性にやりたくなって剃頭。メットがブカブカで困りました
  • はじめてのバイクではじめてのロングツーリングは、四国へ。豪雨の四万十川と沈下橋は一生の思い出。
  • 幼なじみの家に止めさせてもらっている駐車場。下は砂利、出口は見通しの悪い坂道。毎回一汗流して出発。
  • 夢のステージ。GS道場で行くことができるのか?!

8年間恋い焦がれついにBMW R1200GSを手に入れたライダーライターの矢島マーシャが、相棒となったマンモスバイクとの日々を綴ります。 マーシャのビッグオフ暴険記「GS道場」スタート。

丘の横浜から矢島マーシャです

GS(ジーエス)とは、ガソリンスタンドでもゲームでもレクサスでもなくてBMWから発売されている車種のひとつなんですが、ご存じですか?

女性ライダーにしては「おー、結構チャレンジしたね」と言ってもらえる250kgくらいある大きくて重いバイク。わたしが恋に焦がれていたマンモスバイクなのですが、8年越しの片思いが実り、2019年ようやく手にすることができました(パチパチ~)。

おっと、申し送れましたがわたくしマーシャと申しまして、このたび縁あってLady Go Moto!で連載コラムを担当することになりました(感激感涙感謝!)。はじめましての今回は、僭越ながら簡単に自己紹介をさせてください。


生まれも育ちも神奈川県横浜市。山下公園やみなとみらいというオシャレなベイサイドからは遠い東京寄りの”丘の横浜”。田園風景豊かな東名高速道路”横浜青葉インター”の近くという方がわかりやすいでしょうか。

仕事は、20年間勤めた水道設備の会社を2015年に脱サラしフリーランスの世界へ。自称ライターとしてオープンさせたBlogを女性向けバイク雑誌「Girls Biker」(造形社)原田編集長が見つけてくださり同誌でライターデビュー。現在は「Lady's Bike」(クレタパブリッシング)にて連載中。雑誌やWEBで執筆する傍ら、おそうじと介護の自営業で生計を立てています。バツイチ子なし独女(この辺はサラッと)。身銭を切って生息中。

車はニッサン、バイクはホンダとBMW

18歳で車の免許を取得し父の真っ赤なニッサン・スカイライン(ハコスカではないけど箱型の何か)で山下公園をブイブイ走っていたのは昭和のバブル崩壊後。そのあとに購入したニッサン・グロリアY30(通称:グロバン)は長く乗りましたね。雑多な中古を乗り換え10台目の車にシボレー・ブレイザー。ほとんど乗りこなせずに30歳で車を降りました(もったいなーい)。

はじめてのバイクではじめてのロングツーリングは、四国へ。豪雨の四万十川と沈下橋は一生の思い出。
バイクは、25歳で中型二輪免許、翌年大型二輪免許を取得。ホンダ・マグナ250→ホンダ・CB1300SB→BMW・F800R→ホンダ・XR250+BMW・R1200GS(今ココ)。ホンダ・リード100は、通勤用に13年間足として活躍しました。

小さな成功体験の積み重ねは大きな扉を開く裏技

バイクとの出会いは次回お話するとして、初回の今回は同コラムで何を目指すのかコミットしたいと思います。

夢や目標なんて言うとちょっと恥ずかしいもんですが、わたしはなるべく口にする、厳密には手帳に書いたりBLOGで発信したりしています。するとあら不思議、かなうんです。GSを手にできたのもの、言い続けたからだと信じています(諦めも悪いですけどね)。

小さな小さな成功体験の積み重ねは大きな扉を開く裏技だと信じているので、すぐかなう小さな目標から徐々に大きくしていきます。


たとえば今は砂利の駐車場からGSを出すのにおっかなびっくりな状況。でもこれを放置すると出すのが怖い→乗らない→盆栽化というCB1300SBデジャブが起きてしまうので

・ツーリングの予定を入れる
・友達に見せに行くと約束する

など、出さずにはいられない状況を作ります。

ま~、ここから”駆けぬける”まではかなり遠いと思いますが、焦らず一つ一つ目の前の峠をパスしていきたいと思います。

いざ、なりたい自分を目指して

更年期障害もボチボチはじまったアラフォーですが「なりたい自分を目指すのに遅すぎるということはない」というイギリスの女性作家ジョージ・エリオットの名言通り、”なりたい自分”を目指してチャレンジし、それらを丸裸になって発信していきたいと思います。

もし、これから免許を取りたいな~とか
もし、大きなバイクに乗りたいな~とか

何かにチャレンジしようとしているそこのあなた、ぜひ一緒に走ってください。”みんなで渡れば怖くない”です。その話で思い出すのは、以前ツーリングで行った大分の有名な温泉。その女性風呂で入浴していたら、ひとりの女性が「わたしあっちの混浴に入りたいんですが男性がいるので、一緒に来てもらえませんか?」と言われたのでそこにいた女性5人で入っていったら、その方ササ~っといなくなりました(みんなで大爆笑)。てな具合に、いかがでしょう?(笑)


ま~、マイペースにえっちらおっちら練習していきますので、よろしければぜひまた遊びにきてください。シェア大歓迎。どうぞよろしくお願いいたします!

それでは、GS道場のはじまりまはじまり~。

プロフィール
ライダーライター/介護整掃士 矢島マーシャ
40歳で脱サラしてフリーランスの世界へ。BMW・F800Rを相棒にお遍路満願。バイク雑誌や一般企業向けWEBサイトで執筆する傍らおそうじ・介護の会社を経営する。2019年運命的に手にしたあこがれのR1200GS。オフロード未経験者で無謀にも0からカッコいいGSライダーを目指して奮闘中。

《矢島マーシャ》

編集部おすすめの記事

特集

page top