バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

クルマ好き女性のリアルな交流が広がった!女性のためのイベント「Car Cafe」...筑フェス2019

10連休という、これまでにない大型連休となった今年のGW。連休も終盤の5月5日(日)に、Lady Go Moto!がプロデュースした女性向けイベント「Car Cafe(カーカフェ)」が、筑波サーキットで初開催されました。

イベント クルマ
筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」、ビーカー女子会
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」
  • (左)カーライフジャーナリストのまるも亜希子さんと(右)ビーカー女子会に参加した女性
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2019で同時開催された「Car Cafe」

10連休という、これまでにない大型連休となった今年のGW。連休も終盤の5月5日(日)に、Lady Go Moto!がプロデュースした女性向けイベント「Car Cafe(カーカフェ)」が、筑波サーキットで初開催されました。

この日は、筑波サーキット最大級の自動車の祭典「筑波サーキット・カーフェスティバル2019」、通称“筑フェス”の開催日。ヒストリックカーから最新のスーパーカーまで、国内・外の名だたる名車が一同に介し、その勇姿をデモランや展示、そしてレースで披露する大人気のカーイベントです。



トヨタ2000GTやコスモスポーツ、ポルシェ、ロータスなどの歴代モデルなど、憧れのスーパーカーがズラリと並ぶ様は、まさに壮観のひとこと。しかも、5月5日の『こどもの日』に開催されることにちなみ、18歳未満は完全無料となっています。人気特撮ドラマのヒーローショーや、子供に大人気の大型ふわふわ遊具など、キッズ向けプログラムも充実しており、クルマ系イベントの中でも、家族で楽しめることに定評のある催しです。

今回の「Car Cafe」は、そんな「筑フェス2019」の会場の一角で同時開催。女性が敷居の高さを感じがちなクルマのイベントに、もっと興味を持って欲しい&遊びに来て欲しいと、Lady Go Moto!が女性やファミリーで楽しめる工夫を凝らしたイベント内容で出迎えました。

ビーカー女子会で、クルマ好き女子の輪も広がる


イベントの中心となったのは、女性のためのクルマ生活サイト「beecar(ビーカー)」とコラボした、ビーカー女子会です。ビーカー会員の女性たちが自慢の愛車で参加し、クルマ談義に花を咲かせる人気企画。Car Cafeでは15台の展示枠を用意しましたが、募集開始からほどなく満員御礼となりました。参加ドライバーの愛車は、1台ずつの撮影会の後、カーライフジャーナリストのまるも亜希子さんのMCによる、マイカー&ドライバー紹介タイムに。




アルファロメオ、シトロエン、ポルシェ、ミニなどの輸入車に、ロードスターやアクアなどの国産車と、個性豊かに揃った15台を操る女性たちが続々登場。「走っていると道端の子供たちがかっこいい!って言ってくれるけど、たまに、なんで屋根ないの?って言われたりします」と微笑ましいエピソードを披露してくれたポルシェ・ボクスターのオーナー女性や、「中古車市場でもまず出てこないと思います」という希少な初代マニュアルのフィットに乗るオーナー女性、「ぽってりした4つ目のヘッドライトとボンネットの薄さが気に入ってます」と語ったベンツSLのオーナー女性など、皆さんのクルマに乗り始めたキッカケやマイカー選びのエピソードも、じつにバラエティに富んでいました。



また、ビーカー初のVR会員である、バーチャルユーチューバー“友美らん(トモミラン)”さんも、公共の場に初登場。愛車の真っ赤なBMW1と共に、大きな注目を集めていました。



マイカー紹介の後は、運転で疲れた身体を心地良くほぐす「ヨガドライブ体操」の時間に。ビーカー編集長でありヨガトレ講師でもある鈴木珠美さんが、ヨガ講師のMIZUHOさん、バレエヨガ&ダンスヨガのSAYAKAさんと一緒に、ヨガのエッセンスに解剖学のスパイスも加えて考案したオリジナル体操です。長時間の運転で滞った血の巡りを良くし、心もリラックスさせてくれる効果があるだけでなく、「お子さんと交通安全について話し合うキッカケになれば」という思いも込められているため、ユニークな歌詞とリズミカルな音楽、親子で楽しめるダンスのような体操の振り付けが特長。まずは先生たちによるデモンストレーションの後、実践タイムとなりましたが、最初は少々照れながら参加していた皆さんも、3分間の体操の後は、ポカポカと温まった身体に効果を感じていた様子でした。

ネイルやボディケアなど、女性ならではのコンテンツも

さらに会場では、ハイセンスなクルマ好き女性の心をくすぐる、さまざまな出展ブースや展示も、イベントを盛り上げていました。
晴天に恵まれた中、香り高いコーヒーでノドの乾きを潤してくれたのは、「MOTOTECA COFFEE(モトテカコーヒー)」。もとは軽井沢のモーターリストカフェであり、現在は東京工業大学すずかけ台キャンパスに出店しているカフェです。

架装メーカー「WORKVOX(ワークヴォックス)」は、車中泊もおしゃれ&快適に楽しめるようにカスタマイズされたハイエースバン“SEDONA(セドナ)”を展示。キャンピングカーの無骨なイメージを覆す、遊び心とセンスに溢れた車内の様子に、キャンピングカーでのノマドライフに夢が広がった人も多かったのでは?


一定の姿勢を取り続ける運転時はどうしても身体がこわばるもの。凝った身体と心を癒やしてくれるブースとして、「BB-salon.com」(東京都小金井市)の倉脇雪夜さんが“ネイル&かっさ体験”を提供。お子さん向けのネイルも用意されており、親子でネイルを楽しむ参加者の姿も多く見られました。

また、整体師兼セラピストとして活躍する加藤政子さんによる「Body Voice」のボディケアブースも出店。自身も大のレース好きであり、レースドライバーから「タイムが上がる」「勝率が上がる」整体師として人気なだけに、痛くないのに効果のある整体の威力を体感することができました。

73式小型トラックが展示された自衛隊のブースでは、ブルーインパルスの操縦が疑似体験できるVR体験コーナーが老若男女に大人気! 自衛隊員の制服を着て記念撮影ができたり、南極の氷や石の展示にも、子供たちが目を輝かせていました。

子供に人気といえば、自動車ニュースサイト「Response(レスポンス)」のブースに展示されたN-BOXのバーバパパコレクション仕様も、親子から視線を集めていた一台です。

イベント終盤を盛り上げてくれたのが、協賛メーカーによる豪華景品が用意されたじゃんけん大会。参加者のほぼ全員に何かしらの景品が当たるという大盤振る舞いに、参加したお子さんから大きな歓声が上がる場面も。

プチお役立ち情報満載!?の公開ガールズトークも開催

そしてイベントのトリを飾ったのが、まるも亜希子さん、ビーカー編集長、レディ・ゴー・モト編集長の3人によるトークショー(という名の、公開おしゃべり(笑))です。それぞれのクルマとの出会いに始まり、クルマ好きなら「うんうん」とうなずきたくなるガールズトークが繰り広げられる中、駐車が上手くなるコツや首都高になれるコツなど、プチお役立ち情報が織り交ぜられるのがこのメンバーのトークならでは。最後は「もっと女性ドライバーの輪を広げたい!」と、3人共通の願いを再認識し、トークはお開きとなりました。

参加された皆さんは、こうしたイベントや出展を楽しみつつ、筑フェスのパレードランやレースを満喫していた様子。ほとんど全員が初対面という状況の中、クルマが好き、という共通項をもとに、自然と会話が弾む姿が会場のあちこちで見られました。「男性主体のクルマイベントはもっとガツガツしてるけど、今回は女性同士ならではのフンワリ感とか、のんびりした感じが良かった」との声もあり、「こうした女性向けのイベントが増えて欲しい」という気持ちは、女性ドライバーに共通の願いのようです。

なごやかに盛り上がったカーカフェを終え、ビーカー編集長の鈴木珠美さんは「レースの本場である筑波サーキットで開催されるイベントなので、気後れする女性もいるかと思いきや、皆さん積極的に楽しまれていた姿が頼もしかったです。ビーカーの会員になった方に尋ねると、『女性ドライバーの知り合い、友人が欲しかった』というのが、ダントツ1位の入会の理由です。今回は展示台数に制限があり、参加をお断りした方が出たのが申し訳なかったのですが、これからも自分のクルマで参加できて、参加した女性同士が交流を楽しめるリアルなイベントは続けていきたいですね」と語ってくれました。

最後に、レディ・ゴー・モトの松崎祐子編集長にも、イベントを終えた感想を聞いてみました。
「参加した皆さんに『こういう機会を作ってくれて、ありがとうございます!』と、何度も仰っていただけたことが何より良かったです。クルマのイベントはどうしても男性メインになりがちで、参加を迷ってしまう女性も多いと思うんです。でも、今回のCar Cafeに参加したことや、この記事を読んだことをキッカケに、『女性も楽しめるクルマのイベントがあるんだ』と思っていただけたら嬉しいですね。ビーカーさんとのコラボも続けていきたいですし、自ら乗ることを楽しむクルマ好きの女性の繋がりを、これからも大切にしていきたいです」

今後もLady Go Moto!では、さらにクルマ好きの女性が増えていくように、さまざまな情報発信や企画を進めていく予定ですので、お楽しみに!



《齋藤春子》

編集部おすすめの記事

特集

page top