バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

ナップス ベイサイド幸浦店で開催の女性ライダーイベント「アベイユ」、親しみやすいコンテンツで大盛況!

4月6日(土)、オートバイ用品店のナップス ベイサイド幸浦店で、女性ライダーのためのイベント「abeille!(アベイユ)ガールズミーティング Vol.1」が開催され、たくさんの女性ライダーでにぎわいました。

イベント バイク
20名から30名の女性ライダーがナップス ベイサイド幸浦店を訪れ、イベントを楽しみました
  • 20名から30名の女性ライダーがナップス ベイサイド幸浦店を訪れ、イベントを楽しみました
  • ナップス ベイサイド幸浦店で開催の女性ライダーイベント「アベイユ」、親しみやすいコンテンツで大盛況!
  • 洗車は最も手軽にできるメンテナンスのひとつ。実際に洗車手順やポイントを教わることができる貴重な機会
  • 日常点検は安全なバイクライフにおいて大切なこと。みなさん、積極的にチェックポイントを聞いていました
  • ブレーキキャリパーの清掃では「歯ブラシを使うといいですよ」と品田さん
  • タイヤやブレーキパッドの残量チェックの方法など、細部までわかりやすく説明されました
  • 革製品を製作するアトリエ「La・Chica」のブース。華やかなチャームやヘアアクセサリーが並びました
  • 革製品を製作するアトリエ「La・Chica」のブース。華やかなチャームやヘアアクセサリーが並びました

4月6日(土)、オートバイ用品店のナップス ベイサイド幸浦店で、女性ライダーのためのイベント「abeille!(アベイユ)ガールズミーティング Vol.1」が開催され、たくさんの女性ライダーでにぎわいました。

このイベントは、洗車教室や日常メンテナンスチェックのレクチャーのほか、ライディングブーツやエアバッグの試着などもでき、さらに各種ブースを楽しめる、女性ライダーのためのイベントとして開催されました。

イベント名の「abeille(アベイユ)」はフランス語で蜂を意味する単語で、ナップス幸浦店に集まる女性ライダーをイメージしたのだとか。働き蜂はそのほとんどが雌だということで、女性ライダーのためのイベントにぴったりだとアイコンに取り上げたのだそうです。

女性の目線のメンテナンスやアイテム選びだから分かりやすい

よく晴れたぽかぽか陽気のもと、イベントは11時すぎに洗車教室からスタートしました。レクチャーするのは、ナップス ベイサイド幸浦店の女性スタッフ、品田祐美子さん。実際にバイクの洗車を行いながら、その手順を説明していきます。

洗う際のポイントはもちろんのこと、道具についても、クルマやバイクのケア用品、シュアラスターのスタッフを交えて丁寧に解説。最初は遠慮がちに見ていた参加者のみなさんも、「もっと近くで見てください」と声をかけられるとバイクに近寄って品田さんの手元を熱心に見つめていました。

洗車は最も手軽にできるメンテナンスのひとつ。実際に洗車手順やポイントを教わることができる貴重な機会

ブレーキキャリパーの清掃では「歯ブラシを使うといいですよ」と品田さん

続いて行われたのはバイクの日常メンテナンスチェック。専門的な知識が必要なものではなく、ライダーがバイクに乗る前に行うべき「出発前点検」のことです。品田さん曰く「この点検を行うのは、ライダーの義務」とのこと。

灯火類の点灯チェックやブレーキパッドの残量確認、チェーンのたるみ、スプロケットやタイヤの消耗具合、フロントフォークオイルの交換についてなど、品田さんが丁寧にわかりやすく解説していきます。それを聞く参加者の表情は真剣そのもの。消耗したスプロケットやゆがんだチェーンなどの実物も用意され、実際にそれらを手に取った参加者は、日常点検の重要さを感じているようでした。

タイヤやブレーキパッドの残量チェックの方法など、細部までわかりやすく説明されました


日常メンテナンスチェックのレクチャーが終わると、ランチタイム。この日は神奈川県厚木に店舗を構えるGRILL&CAFE BAR「Licks」が出店。「Spicy! 焼きそばナポリタン」や「厚木ポーク丼」など、ボリュームたっぷりのランチメニューが並びます。

ぴりっとした辛さが美味しいSpicy! 焼きそばナポリタン(右)と食べごたえたっぷりの厚木ポーク丼(左)

午後からは、このイベントにブース出店をするWINGLOVE(ウィングローブ)のブーツブランド「WILD WING(ワイルドウィング)」の試着や、バイク用着用エアバッグ「hit-air」の実体験などが行われました。

ウィングローブのブースでは、ワイルドウィングの厚底ブーツを試着して自分のバイクにまたがったり、その場で気になる点を相談したりと大盛況。多くの女性ライダーが持つ悩み、バイクの足着きを解決してくれるブーツとあって、気になる方も多かったようです。

hit-airのエアバッグや、ワイルドウィングを試着できるブース出店も

女性ライダーの足着きに関するお悩みの救世主!? ウィングローブの厚底ブーツを試着する人多数でした

足着きに悩んでいたというケイコさん。この日、ワイルドウィングを購入してお悩み解決!?

女性ライダーのためのイベントだからこそ、女性ライダーのお悩みや知りたいことにフォーカスした内容が盛り込まれた「アベイユ!」。イベントを目的にやって来たライダーはもちろんのこと、ふらりと立ち寄ったカップルライダーなどもおり、会場は終始、20名から30名ほどのライダーで盛り上がっていました。

革製品を製作するアトリエ「La・Chica」のブース。華やかなチャームやヘアアクセサリーが並びました

革製品を製作するアトリエ「La・Chica」のブース。華やかなチャームやヘアアクセサリーが並びました

hit-airのエアバッグもお試し可能。右の女性は免許を取得したばかりで、この日バイクに乗るのが2回目だったのだとか

参加した女性ライダーにお話を聞いてみました

村島萌美さん(左)/ホンダCBF125
岩永茉夕さん(右)/カワサキZZR400

偶然にも、所有する2台のバイクがともに同じだという村島さんと岩永さん
バイク用品店で知り合い、この日で会うのは2回目だというおふたり。ふたりとも免許取得後半年未満ながら、すでにそれぞれ2台の愛車を所有しているそうです。しかもその愛車が、ふたりとも同じくカワサキZZR400とホンダCBF125という、びっくりの偶然。

岩永さん曰く、「いつかリッターバイクに乗りたくて、そのためにウィングローブのブーツを試したいと思い」このイベントにやって来たのだそう。

午前中のレクチャーを受けて、「チェーンとスプロケットのことが、勉強になりました」と言うのは村島さん。「今、ZZR400のチェーンとスプロケットを交換しているところなんです。(レクチャーを受けて)これからは自分でも替えていこうかと思いました」と、新しい目標を語ってくれました。

ケイコさん/カワサキZ125

足着きに悩んでいたというケイコさん。この日、ワイルドウィングを購入してお悩み解決!?
この日はカワサキZ125をレンタルしてやって来たという、バイク歴約20年のケイコさん。所有する愛車はホンダFORZAですが、「マニュアル車は操作が楽しいので、たまにレンタルするんです」とのこと。

「(ナップス ベイサイド幸浦店)で女性ライダーのイベントがあって、しかも、ウィングローブのブーツを試せるということで、それを目的に来ました。私はバイクの足着きに悩んでいたのですが、ウィングローブの厚底ブーツを試着してバイクにまたがることができると聞いたので」

そう語るケイコさん、もう1年以上も足着きに悩んでいたそうです。この日、実際にウィングローブの厚底ブーツを試着し、そのままカワサキZ125にまたがると、「両足が着く!」と感動した様子。「このあとは横須賀の方に、ふらっと走りに行きます」と、イベントを含めたツーリングを楽しんだようでした。

《伊藤英里》

編集部おすすめの記事

特集

page top