バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

【風吹くままに井戸端会議】第2回:ファッションからバイクの魅力を知って、恋まで掴むなんて!

女性のための車生活サイト「beecar」編集長の鈴木珠美こと“たま”と、バイクやクルマを愛する女性のためのメディア「Lady Go Moto!」編集長の松崎祐子こと“ゆうこりん”が、バイク&クルマでそれぞれ待ち合わせをして、会議……もとい、気ままなおしゃべりをするコーナー。

ライフスタイル インタビュー
代々木パーキングエリアに集合、ゆうこりんはドゥカティで、たまはシトロエンDS3Rで
  • 代々木パーキングエリアに集合、ゆうこりんはドゥカティで、たまはシトロエンDS3Rで
  • 初めましての記念撮影
  • たまちゃんが乗っていた180SX。イチから改造。最終的には、シルバーステイツ・クラシックチャレンジに参戦するためレギュレーションにあわせて改造した
  • ゆうこりんが乗っていたヤマハ・セロー。当時、環八にあったSRを得意とするオレンジブルバードが作ったカスタムセロー
  • ゆうこりんの現在の愛車、アルファロメオ スパイダーヴェローチェ
  • 首都高の高速4号新宿線(上り)にある代々木パーキングエリア

女性のための車生活サイト「beecar」編集長の鈴木珠美こと“たま”と、バイクやクルマを愛する女性のためのメディア「Lady Go Moto!」編集長の松崎祐子こと“ゆうこりん”が、バイク&クルマでそれぞれ待ち合わせをして、会議……もとい、気ままなおしゃべりをするコーナー。

ふたりが待ち合わせをした場所は、首都高の高速4号新宿線(上り)にある代々木パーキングエリア。前回に続き、ふたりの自己紹介トークはまだまだ終わりません!

ファッションから入ったバイクの世界

たま:ゆうこりんがバイクに乗り始めたきっかけは?

ゆうこ:私は三姉妹だったこともあって、クルマ、バイクに対しては興味のないまま過ごしてきたんだけど、専門学校に行くために富山から東京に出てきたときに、モッズカルチャー(1950~1960年代にかけてイギリスで流行した音楽やファッション)にはまったんです。モッズパーカーを着て、ベスパやランブレッタで街を流す…みたいな世界観がかっこいいなと。で、ファッションから入って、そのうちにだんだんと自分でもスクーターで二人乗りがしたいなと思うようになって。だから最初はスクーターに乗るために小型二輪免許を取りに行きました。

たま:へー、ファッションから入ったんですね。

ゆうこ:はい。でも教習でギア付き(MT)のオートバイに乗っているうちに「MTの方が楽しいじゃん!」と思うようになって、そんなときにモッズとロッカーズが対立する「さらば青春の光」という映画を見たら、黒の革ジャンでキメた英国車に乗るロッカーズもかっこいいなと。MTバイクの楽しさも手伝って、免許を取得したときにはすっかり気持ちはロッカーズに傾いていました(笑)。

たま:ロッカーズ、ますますかっこいい!で、バイクを購入?

ゆうこ:本当は古い英国車が欲しかったんだけど、当時はバイクに関する知識もぜんぜんないし、経済的にも無理だったので、ヤマハのSRを買いました。当時、SRをカフェレーサーっぽくカスタムするのが流行っていたので。

ゆうこりん、バイクも恋も手に入れる

たま:はじまりもかっこいいし、ライフスタイルもかっこいい。でも当時バイクに乗る女性は少なかったと思うから、けっこう勇気ある選択だったのでは?

ゆうこ:20代前半で一人暮らしだと到底クルマは所有できないじゃないですか。そんな時にバイクと出会って乗り始めたら、色々な場所に自由に行けることが本当に楽しくて。例えば海に行こうと思い立ったときに電車だとちょっとおっくうだけど、バイクなら時間を気にせずに行けたり。でも、乗り始めたばかりの頃は、まわりに乗っている人がいなかったのでいつも一人で乗っていましたね。私じつは、バイクに乗る前までは男の子と話すのがすごく苦手だったんだけど、バイクを通して男の子とも話せるようになりました。その後、バイクに乗りの彼氏も出来たりとか(笑)。

たま:ファッションからバイクの魅力を知って、さらに恋まで掴むなんて…。バイク、すごい(笑)

ゆうこ:クルマでは恋はつかめなかった?(笑)

たま:私の場合は、クルマの構造やら改造メニューを覚えることに必死でそんな素敵なことは起ってない(笑) 。


ゆうこ:クルマのメカに詳しいってうらやましい~。私はいまだに分からなことだらけなので。

たま:それが普通かと。エンジンやサスペンションの仕組みを覚えたところで、日常生活には何の役にも立たないもの。

ゆうこ:笑!

バイクで走るってどんな感じ?

たま:じゃ、バイクにはまったのをきっかけに編集者に?

ゆうこ:出版に携わるようになったのはずっと後で、20代の頃はフリーターをしてたり、一般事務の仕事をしたりわりとフラフラしてたんですが、29歳のときに派遣社員として自動車雑誌の編集総務の仕事を始めました。それから何年か経って縁があって、バイク雑誌の編集部員に。そのあとクルマ雑誌の編集にも携わるようになりました。

たま:バイクとクルマ、両方の雑誌編集経験があるんですね。

ゆうこ:はい、スタートはバイクでしたが、クルマも大好きです。今はアルファロメオのスパイダーに乗ってます。


たま:バイクもクルマもイタリアなんですね。それぞれの魅力を知っている女性がクルマとバイクの媒体を手掛けているというストーリーが素敵。それは両方を知っているゆうこりんだからこそできること。

ゆうこ:たまちゃんはバイクに乗ろうと思ったことはないの?

たま:免許は取ってみたいなって思ったことはあるけれど…いまさらもう無理かな~。バイクの後ろにさえ乗った経験がなくて。

ゆうこ:え、じゃ今度、私の後ろに乗りますか?

たま:ぜひ! バイクに乗っている人がみんな口をそろえていう、バイクとの一体感がたまらなくいい、っていうのをバイクの後ろからでもいいからちょっぴり体験してみたい。やはり、一体感はすごいの? 気持ちいいの?

ゆうこ:何て表現したらいいんだろう、とにかく走ってるとすごく気持ちいい。

たま:…思い出した。子供のころ、祖母のカブの後ろには乗ったことがあった。でも一体感は感じられなかったな(笑)

ゆうこ:じゃ、近いうちに、ドゥカティで迎えに行きまーす♪ 

ー続くー

<プロフィール>
写真右/鈴木珠美(すずき たまみ)
beecar編集長/インナービューティ講師/車生活アドバイザー/ 株式会社三栄書房にてモータースポーツ、車雑誌の編集部員を経て独立。独立後は女性誌、ブライダル誌で企画編集に携わる。女性のための車生活マガジンの編集長を経てオフィスタマ株式会社設立。車、女性、生活、健康を軸にアドバイザー、記者、セミナー講師を務める。現在、ヨガインストラクターとしても活動中。
女性のための車生活サイト「beecar」

写真左/松崎祐子(まつざき ゆうこ)
Lady Go Moto!編集長/バイク&自動車雑誌の編集部に約12年在籍したのち、国内外の二輪四輪アパレルをセレクトする会社でPRを担当。2018年に「Response」編集部に加入、2019年1月には「Lady Go Moto!」をイードにて立ち上げる。

こんなテーマで話しをしてほしいーというリクエストも募集中です。

<取材協力>
代々木パーキングエリア(PA)

《鈴木珠美》

編集部おすすめの記事

特集

page top