バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

バイク好きエッセイスト・コバユリの“胸きゅん”キャンプギア #3 「マイルストーン」のヘッドランプ

ごはんを作るとき、トイレに行くとき、着替えるとき。陽が沈んで、闇にとっぷり包まれた夜のキャンプ場で感じるのは、人がいかに灯かりなくして何もできないかということです。

ファッション グッズ
「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ
  • 「マイルストーン」のヘッドランプ

ごはんを作るとき、トイレに行くとき、着替えるとき。陽が沈んで、闇にとっぷり包まれた夜のキャンプ場で感じるのは、人がいかに灯かりなくして何もできないかということです。

照明器具の中でも両手をふさがれない“ヘッドランプ”は、テントと寝具に並んでキャンプに欠かせないギアであります。

私も昔キャンプを始めるとき、ホームセンターで千円ほどの安価なものを何よりも先に買いました。耐久性に欠けることは重々承知で、安さにつられて何度か買い換え使っていたのですが、「マイルストーン」のヘッドランプに出会ったとき、あまりの感動に、それまでの安物買いをたいそう悔やんだものでした。


「マイルストーン」のヘッドランプの最大の胸きゅんポイントは、暖かな風合いのナチュラルウォームカラー(電球色)モードが搭載されているところ。白色LEDのヘッドランプにありがちな、「ライトをうっかり直視すると目つぶしバリに眼が痛い」「せっかくの料理が寒々しく見えてしまう」などのモヤモヤとは無縁の、眩しすぎない電球色LEDが、夜の手元を柔らかく照らしてくれます。焚き火の色合いと似ているので、キャンプサイトにほっこりとした統一感も生まれてムード上々。


夜にキャンプサイトの写真をスマホで手軽に撮りたいときにも、この電球色モードが照明代わりにとても重宝しています。無段階照度調節機能も備わっているので、暖かなムードある写真が簡単に撮れて、そのままSNSにも使えちゃうのですよ。

ちなみに私が愛用している写真のモデルは「MS-B4」の旧型です。ベルトデザインがモデルごとに違っておしゃれなのもマイルストーンならではなので、どうぞ存分に目移りしてくださいませ。

小林夕里子/Yuriko Kobayashi
“アクティブ&ナチュラル”なライフスタイルを自ら楽しみ発信する自然派エッセイスト。ニックネームはコバユリ。新聞や雑誌で主にバイクのある暮らしの魅力を綴る。MOTOアウトドアブランド「nomadica」、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」をプロデュース。軽井沢周辺お出かけフリーマガジン「karu2(カルカル)」編集長。アロマテラピーアドバイザー。

《小林夕里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top