バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

プジョー120年の歴史を体現、「ジャンゴ」に100台限定モデル…ブルー&キャメルオレンジ

ADIVA(アディバ)は22日、世界最古のモーターサイクルブランドである「プジョー」の120年を超える歴史を記念した限定モデル『ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション』を設定。同日より限定100台を、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーで販売すると発表した。

バイク ニューモデル
プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョー ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション
  • プジョーブランドのロゴ(1810年)当初は時計用の部品や工具などの製造をおこなっていた。

ADIVA(アディバ)は22日、世界最古のモーターサイクルブランドである「プジョー」の120年を超える歴史を記念した限定モデル『ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション』を設定。同日より限定100台を、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーで販売すると発表した。

モーターサイクルブランドとしてのプジョーは、1898年にディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー初のモーターサイクルを第1回パリモーターショーで発表したのが始まり。その後、さまざまな市販モデルを開発しながらも、マン島TT、ボルドール耐久、ツール・ド・フランスなどモータースポーツでも活躍し、世界中にその名を広めた。昨年2018年に120年を迎え、現存する世界最古のモーターサイクルブランドとして、フランス流の個性的なモデルをリリースし続けている。


限定モデルのベースとなった「ジャンゴ」は、輝かしいプジョーの歴史を今に伝える代表的なモデルだ。プジョーが1950年代にブランド初のスクーターとして世に送り出した「S55」のデザインをオマージュし、2014年に登場。ネオレトロスタイルと特徴としながらも、ABS、スマートフォン用電源、LEDテールランプなど最新の装備を採用しているのが特徴だ。

限定モデルのジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディションは、プジョーブランドを象徴するブルーのカラーをまとい、その歴史を体現。「外観だけのレトロモデルではなく、120年を超える歴史に根差した本物と呼べる一台」とADIVAは説明する。

ボディカラー以外の特別装備としては、ショートスクリーン、専用カラーの「キャメルオレンジ」シート&バックレスト、ハンドルグリップを追加。さらに“001~100”までのシリアルナンバープレートも装備する。

価格は44万8200円(税込)。


《宮崎壮人》

編集部おすすめの記事

特集

page top