バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!

女性にとって妊娠・出産というライフステージの変化は、大きな選択を迫られるタイミングになりがち。バイクもその選択のひとつです。

バイク お悩み解決
ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!
  • ママライダーによる、ママライダーのための座談会が開催されました!

女性にとって妊娠・出産というライフステージの変化は、大きな選択を迫られるタイミングになりがち。バイクもその選択のひとつです。

自分ひとりで、あるいはパートナーとバイクライフを満喫していた人でも、妊娠すると、一時とはいえ物理的にバイクに乗れなくなってしまいます。出産後も、子育てに気をとられて、なかなか以前のようにバイクに乗れない...そう感じている人は多いのではないでしょうか。

そんな悩めるママに、小さな気づきの場を! と開催されたのが、モデライダー・多聞恵美さんがパーソナリティを務めるyoutube番組「Ciao!Lambretta(チャオ ランブレッタ)」と、ママライダーがコラボしたイベント『Ciao!Lambretta × ママライダー座談会』。


2月16日に行われた生放送&収録には、二輪ジャーナリストである川崎由美子さんがゲスト出演。川崎さんといえば、三人のお子さんを育てながらバイクに乗り続けているママライダーとしても知られていますが、ママライダーが所属するコミュニティ「MAMA’S倶楽部」の代表でもあります。

発案者は、サインハウスで広報を務める和田利恵さん。ご自身も6歳の娘・真咲ちゃんと親子タンデムを楽しんでいるというママライダーのひとり。

「子育て中にバイクをお休みしている女性ライダーは多いと思うんです。バイクを持っていても周囲に遠慮して乗れなかったり、以前は乗っていたけれどリターンするきっかけがなかったり。そんなママライダーが互いに共感できる場が欲しいなと思って、このイベントを企画しました」(和田さん)

番組パーソナリティの多聞恵美さんも、4歳のお子さんのママ。というわけで、この日は二輪業界を代表するママライダー3人が、座談会参加者を出迎えました。

話題は「親子タンデム」へと


会場は、日本橋浜町・隅田川のほとりにあるカフェ「made in 10」。コンクリート打ちっ放しの内装とレトロでウッディーなインテリアから漂う温かな印象が絶妙にマッチした空間に配された大きなテーブルを、イベントに参加する女性たちが囲みます。


茨城県から高速を飛ばしてきたというママライダーや、「今日は子どもを預けてきたのでのんびり電車移動です」というママなど、早速スマホを取り出してSNSの連絡先交換をしたり、おすすめのライダーズカフェの情報を教え合ったり。みるみる会話が盛り上がっていきます。そして、ママたちが会話を交わすかたわら、ランブレッタの特製ぬり絵に熱中する女の子の姿も…。

「うちの娘の真咲です。今6歳ですが、生後2カ月からサーキットに出入りしていたので、バイクがあるのが当たり前みたいで。私とタンデムで出かけることもあります」(和田さん)


お子さんが小さいうちからタンデムツーリングを楽しみ、今では成人したお子さんとツーリングをするようになったという川崎さんは、

「私が子どもと一緒にバイクを楽しもうと思ったのは、先輩ママライダーの影響があって。その女性は子どもを連れて鈴鹿8耐にも参戦していて、子どもがいてもバイクライフに戻れるんだと背中を押されました。きっとそんな風に、誰かに背中を押してもらいたいと思ってるママライダーは多いと思います」(川崎さん)

子どもとのタンデム経験があるというママライダーに「タンデムする時、何使ってる?」の質問が集中。「親子タンデム用ベルト」を使っているという声に「やっぱりアレですか~!」と一声。ベルトに加え、安心して親子で走るためにはインカムが欠かせないという意見も出ました。ここで深く頷く和田さん。


「それ、わかります。私、最初はインカムなしで親子タンデムしてたんですが、自社製品のビーコムを使ってみたら、便利だし楽しいし娘も大喜びで。ランブレッタでのんびり走って、気づいたら関東から糸魚川まで走ってしまったことがあるんですよ!」

この経験談には、一同驚き&憧れの眼差しが集まりました。

バイクは、女性にとって易しい趣味ではないけれど、ママであってもバイクを諦める必要はない。そして、子どもと一緒にバイクを楽しんだっていいんだ!と、先輩ママライダーとの会話で視野が広がった参加者も多かったよう。

SNSでの交流がメインになっている現代ですが、やはり女性同士、顔を合わせて生の声を交わす機会は得がたいものだな…と実感できたイベントでした。サインハウスでは、今後もママライダー応援のため同様のイベントを開催したいとのこと。


なお「Ciao!Lambretta」では、この日の座談会の内容にフォーカスした多聞さん・川崎さん・和田さんのクロストークを3月2日(土)に配信予定。残念ながらイベント当日は参加できなかったというママライダーは、ぜひ下記の配信をチェックしてくださいね!

youtube番組「Ciao!Lambretta」
https://www.youtube.com/watch?v=KFZEoApcL9s&list=PLmp4CEVbJ8MHNuAaIZgpS6YkabU-guepr&index=47

《増田恵子》

編集部おすすめの記事

特集

page top