バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

オシャレなバイクウェアも揃う、新スタイルのバイクショップ「新木場Garage」がオープン

東京の湾岸エリア、新木場にオープンしたばかりのバイクショップ「新木場Garage(ガレージ)」にお邪魔してきました。

スポット ツーリング
海外のカスタムガレージを思わせるような雰囲気。店舗前にはクルマ2台分、バイクも複数台停められる駐車スペースが用意されている。
  • 海外のカスタムガレージを思わせるような雰囲気。店舗前にはクルマ2台分、バイクも複数台停められる駐車スペースが用意されている。
  • オシャレなバイクウェアも揃う、新スタイルのバイクショップ「新木場Garage」がオープン
  • オシャレなバイクウェアも揃う、新スタイルのバイクショップ「新木場Garage」がオープン
  • オシャレなバイクウェアも揃う、新スタイルのバイクショップ「新木場Garage」がオープン
  • オシャレなバイクウェアも揃う、新スタイルのバイクショップ「新木場Garage」がオープン
  • オシャレなバイクウェアも揃う、新スタイルのバイクショップ「新木場Garage」がオープン
  • 新木場ガレージのコンシェルジュを務める加賀千晶さん。「クラシカルな雰囲気のあるウラルのサイドカーには、クラシックカーに乗ることをコンセプトに作られたビンテージラバーズのレインコートを合わせてみました」
  • ジャケット、パンツ、ベストにマックスフリッツをチョイスした、女性ライダーにおすすめのコーディネート。「ボリュームあるファー付きのフードジャケットは小顔効果もあるんです」と加賀さん。

東京の湾岸エリア、新木場にオープンしたばかりのバイクショップ「新木場Garage(ガレージ)」。コチラ、老舗の福田モーター商会が展開する店舗ですが、既存のバイクショップとはちょっと違うんです!

海外のカスタムガレージを思わせるような雰囲気。店舗前にはクルマ2台分、バイクも複数台停められる駐車スペースが用意されている。

海外のカスタムガレージを思わせるような雰囲気。店舗前にはクルマ2台分、バイクも複数台停められる駐車スペースが用意されている。

通常、バイクショップと言うと、ショールームには新車&中古車が展示され、奥にはメンテンススペースがあって…というのが定番ですが、ここはバイク系アパレルも取り扱う新スタイルのバイクショップ。 倉庫を改装した建物は、天井が高く、ステップフロアのおかげで明るく開放感があります。


扱う車両は、モトグッツィ、BRPカンナム、ロイヤルエンフィールド、ウラルと通好みのセレクト。1階と2階が新車や中古車の車両展示とメンテナンススペースで、3階がマックスフリッツ、モトーリモーダ、クラフターなど、スタイリッシュで洗練されたバイクウェアのセレクトショップになっています。



新木場ガレージ唯一の女性スタッフである加賀千晶さんはアパレル業界が長くファッションにも詳しいので、ウェアの相談もできちゃいます。

新木場ガレージのコンシェルジュを務める加賀千晶さん。「クラシカルな雰囲気のあるウラルのサイドカーには、クラシックカーに乗ることをコンセプトに作られたビンテージラバーズのレインコートを合わせてみました」

新木場ガレージのコンシェルジュを務める加賀千晶さん。「クラシカルな雰囲気のあるウラルのサイドカーには、クラシックカーに乗ることをコンセプトに作られたビンテージラバーズのレインコートを合わせてみました」

というわけで、今回は加賀さんおすすめのコーディネートを作っていただきました。

ジャケット、パンツ、ベストにマックスフリッツをチョイスした、女性ライダーにおすすめのコーディネート。「ボリュームあるファー付きのフードジャケットは小顔効果もあるんです」と加賀さん。

ジャケット、パンツ、ベストにマックスフリッツをチョイスした、女性ライダーにおすすめのコーディネート。「ボリュームあるファー付きのフードジャケットは小顔効果もあるんです」と加賀さん。

フードを取り外すとテーラードジャケットにもなるビンテージラバーズのジャケットは、洗練された大人の男のバイクスタイル。

フードを取り外すとテーラードジャケットにもなるビンテージラバーズのジャケットは、洗練された大人の男のバイクスタイル。

流行りのスクランブラースタイルにも似合うメンズコーデ。新進気鋭のバイクウェア、クラフターのレザージャケットは、しなやかな革を使っているので着た瞬間からカラダに馴染む。

流行りのスクランブラースタイルにも似合うメンズコーデ。新進気鋭のバイクウェア、クラフターのレザージャケットは、しなやかな革を使っているので着た瞬間からカラダに馴染む。

アパレルコーナーにはソファが置かれるので、ゆっくりウェア選びができるのが嬉しい。また、店舗の一角にはカフェ風スペースも設置されるので、ついつい長居してしまいそう。

アパレルコーナーにはソファが置かれるので、ゆっくりウェア選びができるのが嬉しい。また、店舗の一角にはカフェ風スペースも設置されるので、ついつい長居してしまいそう。

この店舗の発案者であり、店長の大津順一さんいわく「今後はワークショップやイベントも開催していきたいですね」とのこと。東京東エリアの新たなバイク発信地である「新木場ガレージ」から、どんなオートバイのあるライフスタイルが提案されるのか、今後が楽しみでなりません!

【店舗情報】
新木場 Garage
東京都江東区新木場 2丁目15-14
TEL 03-6457-0301
定休日:毎週月曜日、第一・二火曜日
営業時間: 10:00~19:00

《松崎祐子》

編集部おすすめの記事

特集

page top