バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

ライダースピリットを感じられる、洗練されたアクセサリー ブランド「Rouille」

スパナやボルトをモチーフにしたアクセサリーブランド「Rouille」が日本上陸(2018.6.21公開)

ファッション グッズ
Rouilleは2012年にイタリアのフィレンツェで生まれたアクセサリーブランド。フランス語で「錆」を意味するブランド名ですが、ニッケルやシルバーなど錆びない(錆びにくい)素材を用いています。Instagram(rouille.it)もかなりカッコいいのでぜひチェックを!
  • Rouilleは2012年にイタリアのフィレンツェで生まれたアクセサリーブランド。フランス語で「錆」を意味するブランド名ですが、ニッケルやシルバーなど錆びない(錆びにくい)素材を用いています。Instagram(rouille.it)もかなりカッコいいのでぜひチェックを!
  • 純度92.5%のシルバーを使用した「Rouille 925」シリーズのリング。サイズはSとM。価格は22,000円(税別)
  • 左から、Rouille 925シリーズのブラッシュド加工が施されたブレスレット 60,000円、Rouille 925シリーズのツヤ感のあるシルバーリング 22,000円、ビンテージ感のあるニッケルを使用したブレスレット 10,000円(すべて税別)
  • パッケージもとってもオシャレなのでプレゼントにも最適
  • 艶のあるシルバーを使用したRouille 925シリーズのブレスレット 60,000円(税別)
  • 細身でビンテージ感のあるシルバーを使用したヘリテージ ブレスレット 15,000円(税別)
  • 細身で落ち着いたゴールドを纏ったヘリテージ ブレスレット 15,000円(税別)
  • ボルトをモチーフにしたダド ブレスレット 10,000円(税別)

シンプルでさりげなく、でもどことなくバイクを意識したアクセサリーってありそうで意外になかったりしますよね。ほとんどはゴツゴツした男っぽいデザインでそれもカッコいいのですが女性がするにはちょっとハードすぎるかなと。

Rouilleは2012年にイタリアのフィレンツェで生まれたアクセサリーブランド。フランス語で「錆」を意味するブランド名ですが、ニッケルやシルバーなど錆びない(錆びにくい)素材を用いています。Instagram(rouille.it)もかなりカッコいいのでぜひチェックを!

Rouilleは2012年にイタリアのフィレンツェで生まれたアクセサリーブランド。フランス語で「錆」を意味するブランド名ですが、ニッケルやシルバーなど錆びない(錆びにくい)素材を用いています。Instagram(rouille.it)もかなりカッコいいのでぜひチェックを!

モトーリモーダで取り扱いをスタートしたばかりのイタリアの「Rouille(ルイユ)」は、スパナやボルトをモチーフにしたデザインながら、洗練された佇まいで普段のファッションにも違和感なく付けられるアクセサリーブランド。

純度92.5%のシルバーを使用した「Rouille 925」シリーズのリング。サイズはSとM。価格は22,000円(税別)

純度92.5%のシルバーを使用した「Rouille 925」シリーズのリング。サイズはSとM。価格は22,000円(税別)

細身のブレスレットやリングなどは女性にもぴったりで、普段の日常や仕事中もライダースピリットを感じていたい方にはおすすめ。

左から、Rouille 925シリーズのブラッシュド加工が施されたブレスレット 60,000円、Rouille 925シリーズのツヤ感のあるシルバーリング 22,000円、ビンテージ感のあるニッケルを使用したブレスレット 10,000円(すべて税別)

左から、Rouille 925シリーズのブラッシュド加工が施されたブレスレット 60,000円、Rouille 925シリーズのツヤ感のあるシルバーリング 22,000円、ビンテージ感のあるニッケルを使用したブレスレット 10,000円(すべて税別)

モトーリモーダでのラインナップはブレスレットとリングですが、使われる素材や形にいくつかのバリエーションがあり、そのすべてがイタリアのハンドメイド。そのためひとつひとつ表情が違うのも魅力的なのです。

パッケージもとってもオシャレなのでプレゼントにも最適

パッケージもとってもオシャレなのでプレゼントにも最適

自分用にはもちろんですが、バイク乗りやクルマ好きの方へのプレゼントにもおすすめ! お値段も1万円前後ぐらいから手に入るのが嬉しいですね。

Rouille/ルイユ
価格:7,000~60,000円(税別)

(記事公開:2018年6月21日)

《Lady Go Moto! 編集部》
page top