バイクやクルマを愛する女性のためのメディア

足着きが不安なバイク女子の救世主!「WILD WING」の厚底ブーツ

身長が低い女子必見!「WILD WING」の厚底ブーツ(2018.4.14公開)

ファッション グッズ
足着きが不安なバイク女子の救世主!「WILD WING」の厚底ブーツ
  • 足着きが不安なバイク女子の救世主!「WILD WING」の厚底ブーツ
  • 【厚底スワロー】価格:14,900円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm
  • 【厚底ファルコン】価格:16,000円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン、クレイジーブラウン、ワインレッド/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm
  • 【厚底イーグル】価格:15,900円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン、ワインレッド/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm
  • ノーマルソールと比較するとこんな感じ。左が厚底ソール、右がノーマルソール。
  • 土踏まず付近のソールは普通なので、シフトチェンジも違和感がありません。
  • 独自のヒール形状でステップの収まりが良く、コーナーでの踏ん張りも効くのです。
  • チェンジペダルが内側に入りすぎないので操作がしやすい。
「乗りたいバイクがあっても足が着かない」「憧れのバイク、買ってはみたものの足がツンツン」そんな経験をお持ちの女性、きっと多いのではないでしょうか? そんな足着き不安なバイク女子におすすめしたいのが「WILD WING(ワイルドウイング)」の厚底ブーツです。

同ブランドでは、6ホールでシンプルなデザインの「スワロー」、ベルトがアクセントになった8ホールの編み上げブーツ「ファルコン」、エンジニアブーツタイプの「イーグル」の3型がラインナップされていますが、そのすべてに普通ソールと厚底ソールが用意されているんです(写真はすべて厚底タイプ)。

【厚底スワロー】価格:14,900円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm
【厚底スワロー】価格:14,900円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm


【厚底ファルコン】価格:16,000円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン、クレイジーブラウン、ワインレッド/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm
【厚底ファルコン】価格:16,000円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン、クレイジーブラウン、ワインレッド/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm



【厚底イーグル】価格:15,900円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン、ワインレッド/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm
【厚底イーグル】価格:15,900円(税別)/つま先高 2.5cm、ヒール高 5cm/カラー:ブラック、ダークブラウン、ワインレッド/素材:アッパー 牛革、ソール 合成ラバー/サイズ:22.5、23.5、24.5cm


ちなみに、厚底と言ってもソール全体が厚いわけではなく、ステップに当たる部分は普通のソール厚と変わらず、つま先とかかと部分が厚くなっているだけなので、シフトチェンジでの操作性が悪くなることはありません。

ノーマルソールと比較するとこんな感じ。左が厚底ソール、右がノーマルソール。
ノーマルソールと比較するとこんな感じ。左が厚底ソール、右がノーマルソール。


独自のヒール形状でステップの収まりが良く、コーナーでの踏ん張りも効くのです。
独自のヒール形状でステップの収まりが良く、コーナーでの踏ん張りも効くのです。


チェンジペダルが内側に入りすぎないので操作がしやすい。
チェンジペダルが内側に入りすぎないので操作がしやすい。


キズの付きやすい甲の部分にはシフトガードも付いています。
キズの付きやすい甲の部分にはシフトガードも付いています。


ソールには特許を取得している独自のフレキシブルサポートを採用。この切れ込みが歩きやすさ、足着きのスムーズさにも繋がります。
ソールには特許を取得している独自のフレキシブルサポートを採用。この切れ込みが歩きやすさ、足着きのスムーズさにも繋がります。




厚底ファルコンでバイクに乗って見ましたが、違和感はまったくありませんでした。つま先高 2.5cm、ヒール高 5cmと普通ソールより1.5cmほどのアップですが、ちょっとの差でも足着きはラクになったりしますよね!


◆ “盛りソール"の相談にものってもらえます!

ですが……これだけの厚底ソールでもまだまだ足りない!という方、じつはワイルドウイングではソールカスタムの相談にものってもらえるんです。

ソール形状は今後改良を重ねて、歩きやすさも追求していくそう。


写真はKTMに乗るケーコさんが最近手に入れた超厚底バージョンのファルコン。これだけ厚みのあるソールなので、多少の歩きにくさやシフトチェンジのしづらさはあるということですが、足着きは格段にアップ。加えて、ソール素材がしっかりしていて安定感があり、履いたときに後ろ荷重になるため、背筋が伸びて姿勢が良くなる……という恩恵もあったそうなのです。



信号待ちなどでの足ツンツンの不安から解消されるのは嬉しいもの。
信号待ちなどでの足ツンツンの不安から解消されるのは嬉しいもの。


価格や納期に関しては応相談になりますが、 “盛りソール”を希望される方は一度ウィングローブに問合せしてみてはいかがでしょう。


最後に同社女性スタッフさんから教えてもらった、ブーツが可愛くなる小ネタをひとつ。



たとえば、ツーリング先でお座敷などでご飯を食べるとき、脱いだブーツがどれも似たり寄ったりで、自分のが分からなくなることありませんか? そんなときには、100円ショップなどで手に入れられるシューズアクセサリーでプチカスタムをすると、自分のブーツが探しやすく(笑)、見た目にも可愛いくオシャレになるそうです。ぜひお試しください!

ちなみに、今回は厚底をメインに紹介しましたが、普通ソールやメンズサイズもあるので、彼氏とお揃い……なんてのも良いのではないでしょうか。

(記事公開:2018年4月14日)
《松崎祐子》
page top