バイク女子のためのビューティケア/「乾燥は冬だけじゃない! ヴァセリン持参で肌にうるおいを」

長く美容業界に従事し、多くの知識と様々な情報を知り尽くした女性ライダー、浅岡 美由紀さんにバイク乗りのためのリアルなビューティケアを伺いました! 


第2回「乾燥は冬だけじゃない! ヴァセリン持参で肌にうるおいを」 

乾燥は冬だけの悩みと思われがちですが、意外や夏も冷房や紫外線、汗をたくさんかくことによって肌は乾燥するのです。しかも普段の日常よりさらに過酷な環境(炎天下や走行風など)にさらされるライダー。とくにフルフェイス以外のヘルメットの場合は風の巻き込みもあって、走行中は風で顔(肌)を痛めつけているようなもの。

容量40gのヴァセリンで300円ほどとリーズナブル。お出かけ用に小分け用ケースに入れておくと便利。ツーリング時のみならず普段使いにも重宝。

そこで私がいつも携帯しているのがヴァセリン。ヴァセリンって本当に優れもので、どんな保湿クリームより保湿力が高いんです。肌に使えるのはもちろん、リップクリームとしても使える万能アイテムなんですよ。 


私も普段はジェットタイプのヘルメットをかぶっていますが、シールドを下ろしていても顔には走行風を浴びていて、その風による乾燥のダメージってじつは相当なものなんです。これではどんなに肌が潤っている人でも水分を奪われてしまいますし、40歳を過ぎると疲労感がハンパなく出ちゃうんです(笑)。でもヴァセリンを少し塗るだけでその疲労感を30%ぐらい減らすことができるんです。 

このぐらいの量を両手の指で馴染ませるようにして、頬の一番高いところにのせてあげる。多く取りすぎたらリップクリームとしてくちびるに塗って。

方法としては、指先にヴァセリンを少量取って両方の指先で馴染ませて、一番乾燥しやすい目の周り(頬の一番高い部分から目尻にかけて)に優しくのせてあげるんです。ほうれい線も皮脂の分泌が少ないところなので、薄くのせてあげます。ツーリングのときは昼と夕方に1回ずつ付けます。指で伸ばすとファンデーションがよれてしまうので、優しくポンポンと肌の上にのせる感じで。たくさん付けすぎるとベタベタになるので本当に少量で、もし多く取りすぎたらリップ代わりにしましょう。 

こうすることで肌にツヤが出て顔色が綺麗に見え、疲労感も払拭。さらに保湿にもなってまさに一石二鳥……どころか三鳥の万能クリーム。最近はSNS用に写真を撮る方も多いと思いますが、疲れ顔は残したくないですよね。ヴァセリンは赤ちゃんに使えるほど低刺激だし、ドラッグストアでリーズナブルに手に入るのも嬉しいんです。


〈プロフィール〉

 浅岡 美由紀/Miyuki Asaoka 

1965年生まれ。ジョンソン&ジョンソンでマーケティングを約10年担当。その後、一度別の業界に移るも、2017年に美容業界に復帰。現在は美容系サプリメントの会社で広報を担当。バイク歴は10年、現在の愛車はBMWのF650GS。ツーリングやキャンプなどで年間約1万キロを走る。   

Lady Go Moto !

女性ライダーのためのWebメディア。女性ライダーが知りたい情報を女性視点でお届けしていきます。オートバイのある生活をいかに楽しむか。ハードウェアのみならず、ファッションやライフスタイルなどについても取り上げていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000