女性ライダーのためのイベント「Lady Go Moto 2018!」に150名のバイク女子が集合!

ゴールデンウィークが始まったばかりの4月30日(月祝)、新東名高速SA・ネオパーサ清水 ぷらっとパークで、女性ライダーのためのイベント「Lady Go Moto 2018!」が開催されました。


 今年は関東、東海、関西などから、150名の女性ライダーが集結しました!

このイベントは、facebookのグループ「バイク女子部」が主催するミーティングで今年で3回目を迎えます。第1回目はメンバーが1000人に達成したことを記念して開催。イベント名は「バイク女子部1000人達成記念ミーティング」として開催し、100名ほどの女性ライダーにお集まりいただきました。 

その後「バイク女子部」メンバー数はどんどん増え、現在では1700名!昨年からはもっと多くの女性に集まってもらいたい……という思いから、イベント名を「Lady Go Moto!」とし、今年はなんと150名の女性ライダーにお集まりいただきました(サポート男性も含めると約180名の来場)! 

ネームシールには名前と愛車名を。これがあると話のきっかけにもなります!

ちなみに、「Lady Go Moto!」とは、オートバイを始めよう、オートバイを楽しもう、女性パワーでバイクを盛り上げよう(LadyにはReadyという意味合いも込めています)という気持ちが込められていて、このウェブメディアも、じつはそのバイク女子部のイベントがきっかけになって生まれたものなのです。 


試乗会、トークショー、じゃんけん大会と内容は盛りだくさん!

当日は初夏のような快晴!イベント開始の10時前から多くの女性ライダーが集まり、会場では、車両展示や試乗会、トークショー、じゃんけん大会などで賑わいました。 

トークショーでは、二輪ジャーナリスト・川崎由美子さんがバイクの取り回し術やライディングのコツを紹介するプチ座学講座を実施。小柄な川崎さんがバイクを指1本で支える姿を見て、会場からはどよめきが。同じ女性の目線でお話をしていただいたのでみなさん参考になったのではないでしょうか。 

二輪ジャーナリストであり、アンサンブルピアニストでもある川崎由美子さん。身長155cmと小柄ながら、大きなバイクを乗りこなす姿はカッコよすぎます!

二輪ジャーナリストであり、ライディングスクールのインストラクターなどもされる小林ゆきさんには「女が一人でバイク旅に出る」をテーマに、ツーリング雑誌時代に旅先で体験した話から、女性が長くバイクに乗るためには身体のケアも必要だということなど、女性の立場からディープにお話いただきました。また、ゆきさんには自身がプロデュースするビーズアクセサリー「Kommonうでわ」でも出店いただきました。 

女性のイベントということで、小林ゆきさんからはかなり突っ込んだトークが!?
「Kommonうでわ」のてんとう虫のチャームが付いたビーズアクセサリーは「転倒なし!」のお守りとして。

ライフスタイルエッセイストの小林夕里子さんは、自身がプロデュースするアウトドアブランド「nomadica(ノマディカ)」で出展いただきました。ブースにはテント(テンゲル)や寝袋(ネグジル)が並び、“なりきりキャンパー写真”が撮れるという楽しい企画も用意され、バイクキャンプに興味のある女性たちで賑わっていました。

軽井沢と浅間エリアの情報を詰め込んだフリーペーパー「Karu ×2 (カルカル)」を創刊したばかりの小林夕里子さんは、愛車のBMW R80G/Sでいらしていただきました。
着られる寝袋(ネグジル)で、なりきりキャンパーを満喫中〜!

さらに今回は二輪メーカーの出展も華やか! 

ドゥカティジャパンからは、ニューモデルが6台も展示され、ドゥカティのイメージや魅力についてのアンケートを実施。憧れのバイクに跨がれるということもあって、スマホ片手にまるで撮影会のような雰囲気。 

オシャレなスクランブラー シリーズ。こちらはセパハンがクールなスクランブラー・カフェレーサー。
鮮やかなレッドが眩しいドゥカティ・スーパースポーツ。レーシーなSSは女性にも人気です。
ブースではドゥカティに関するアンケートが行われていました。あなたのお気に入りは?
なんとドゥカティ ジャパン社長、マッツ リンドストレームさんもご来場いただきました。しかも当日はムルティストラーダに乗っての登場!

モトラッド相模原トライアンフ東京では車両展示と試乗会を実施。女性に興味を持ってもらえるよう「つうしんぼ試乗会」と題して、2メーカーを乗り比べてポイントを付けていくユニークな試乗会が開催されました。その効果もあり試乗枠はすべて埋まり大盛況。普段はライバルである両メーカーがタッグを組んで試乗会を実施していただけるのも、女性ライダーイベントならではないでしょうか。 

(左から)モトラッド相模原の倉持さん、佐藤さん、トライアンフ東京の西川さん、加賀さん。試乗の女性たちに優しくアドバイスしていただきました。
シールでポイントを付けていく「つうしんぼ試乗」は乗るのも楽しくなります!
みんなが付けたシールポイントが試乗する際の参考にもなりそうですね。
トライアンフ ボンネビル ボバーに跨る川崎由美子さん。足着きもバツグンです!
みなさん興味のあるバイクに積極的に乗ってらっしゃいました。

サインハウスからは、4月末に日本での展開がスタートしたばかりのランブレッタのスクーターと、ツーリングライダーの必須アイテムであるインカムB+Comをはじめとしたバイクギアを展示いただきました。インカムのあるバイクライフを楽しむ人はこれからさらに増えそうな予感がしました。 

(左から)サインハウスの橋詰さんと野口さん。ランブレッタのオレンジ色はこの会場が初お披露目!
バイク用スマホホルダーやインカムは、ツーリングライダーの必須アイテム。バイクギアの充実でバイクライフが何倍にも快適になります。

集合写真と流し撮り動画撮影を終えたお昼すぎには、お待ちかねのじゃんけん大会のスタート。今回も、女性ライダーを応援したいという各メーカー&個人のみなさまから本当にたくさんのプレゼント協賛をいただきました。ありがとうございます! 

じゃんけん大会では賞品の充実と大盛り上がりで、予定時間を大幅にオーバーしてしまいましたが、炎天下の中、みなさん最後まで楽しんでいただけたようで本当に良かったです。facebookにアップされる写真1枚1枚からその楽しさが伝わり、本当に笑顔が溢れるイベントになりました。 

このイベントですが企画自体はバイク女子部ですが、関わっていただくすべてのみなさんで作り上げるイベントだと思っています。受付をお手伝いいただいた女子部メンバーのみなさん、協賛いただいたメーカーのみなさま、駐車場の誘導をしていただいた男性陣、そして当日ご参加いただいた女性ライダーのみなさま、本当にありがとうございました! 


SNSで繋がった女性ライダーが、リアルに会えるのがイベントの良さです。今後も定期的にイベントを開催したいと思っていますので、ぜひまた遊びにいらしていただけたら嬉しいです。女性ライダーの輪がさらに広がりますように! 


Lady Go Moto !

女性ライダーのためのWebメディア。女性ライダーが知りたい情報を女性視点でお届けしていきます。オートバイのある生活をいかに楽しむか。ハードウェアのみならず、ファッションやライフスタイルなどについても取り上げていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000