LIFE

バイクを仕事にするって楽しい? 二輪業界で働くバイク女子に色々聞いちゃうこの企画。 

第3回目は、造形社が発行する女性のためのバイク雑誌「Girls Biker」で編集長を務める原田英里さんです。 

原田さんが普段アシにしているのは、昨年友人から買ったカワサキのDトラッカー改。今後自分の好みにカスタムに仕上げていくそう。

ー「Girls Biker(ガールズバイカー)」の創刊は2006年だそうですが、原田さんがこの仕事に就いたのはいつ頃からですか? 

原田 造形社に入社したのが24歳のときなので、編集の仕事を始めて今年で13年目になります。ガールズバイカーは創刊号から関わっています。 

ー13年ですか、長いですね!ところで編集部に入ったきっかけは何だったんですか? 

原田 私、地元が神戸なんですが、大学を出てしばらくは化粧品販売の仕事をしてたんです。でもその仕事に違和感を感じて辞めてプラプラしているときに、友人のバイク乗りの男の子から「バイク雑誌の編集部で働くことになった」という話を聞いて、へー、そんな仕事があるんだ……と初めて雑誌を作る仕事があることを知りました。 

—ということは、そのときはすでにバイクには乗っていたと?

原田 はい、うちは父親がバイク好きで、私も小さい頃から父のバイクの後ろに乗って釣りに行ったりしていたので、いつも身近にバイクがありました。住んでいるのが神戸の田舎の方だったのでヤンキーが多くて(笑)、高校時代には周りでもバイクに乗っている子が多かったけれど、父からはクルマの免許を取ってからじゃないとバイクはダメと言われ、18歳で四輪の免許を取って、そのあとすぐ二輪(中型〜大型)の免許を取りに行きました。 

—免許を取って最初に乗ったオートバイは? 

原田 父が所有していた新車のモンキーです。そのモンキーのエンジンをチューンしたくて、大学生のときに人生で初ローン。華の女子大生がエンジンカスタムのためにローンを組むなんて、あまり聞かないですよね(笑)。とにかくイジったりカスタムしたりするのが好きでした。いま所有しているのは、リトルカブやCL70など合計7台で、実家と東京に分散して置いてます。老後は不動のバイクを直しながら時間を過ごせたらいいなと思ってるんですよ(笑)。 

カスタムするのが好きという原田さん。ホンダ・XR80はクラシカルな雰囲気のCL72レプリカに。

—若い頃から筋金入りのバイク好きですね。となると、今の仕事もなるべくしてなったという感じでしょうか。 

原田 じつは化粧品販売の仕事を辞めたあとに、バイクショップに面接に行ったことがあったんです。私は店舗の仕事をしたかったのに「倒れた大きなバイク、ひとりで起こせるの?」と言われて。どうやら女性の募集は事務だけだったようで。でも、バイク雑誌の仕事なら男も女も関係ないかもと思い、スタッフ募集していた「モトモト」編集部の面接を受けたら合格。そのあと上京しました。 

—最初はモトモト編集部に配属だったのですか? 

原田 そうです。その数ヶ月後にガールズバイカーが創刊されることが決まって、当時バイクの定期誌が4冊あったんですが、それぞれの編集部に女性がいたのでその女性たちが集まって4人で作りました。2006年10月のことです。最初は不定期誌でしたが、そのあと季刊、隔月刊、月刊になり、現在は隔月刊で発行しています。 

左は2018年6月30日に発売された最新号。右は2006年に発行された創刊号。スナップ特集は当時から人気の企画。女の子たちがどんなファッションでどんなバイクに乗っているかよく分かる。

—入社早々、2誌の編集をかけ持つことになりましたが、大変じゃなかったですか? 

原田 文章が得意なわけでもないし、編集の学校に通ってたわけでもないので、最初は正直、右も左も分からない状態でした。しかも朝出社すると、みんな徹夜明けで床で寝てたり、これはヤバいところに来てしまったなと(苦笑)。でも最近は働き方も変わってきていて、とくに若い子たちがドライなので、昔ほど悲惨な状態は目にしなくなりました(笑)。 

—現在、ガールズバイカーさんは奇数月1日発売の隔月刊発行ですが、スケジュール的にはどんな感じで進行していくんですか? 

原田 次号は9月1日発売なので、締め切りは8月20日ごろです。本来なら前号が終わったら早々に内容を決めて取材するんですが、締め切り直前に入ってくるニュースがあったり、ギリギリになってアレも入れてコレも入れてとなるので、結局、締め切り前1週間ぐらいに色々集中しちゃいますね。 

編集作業中や原稿を書くときはひたすらパソコンと向き合うことに。取材では全国各地を飛び回りますが、こういう仕事があるからこそ雑誌が出来上がるのです。

—2011年からはガールズバイカーの編集長を務められていますが、編集長になって変わったことはありますか? 

原田 一番は予算のことを意識するようになりました。経費削減することもあれば、営業スタッフと一緒に広告営業に行ったりもします。その一方で、例えば雑誌で使う紙について自分の意見も反映できるようになったので、よりイメージ通りの本作りができています。色々勉強する部分も多いですが。 

モーターサイクルショーをはじめとした二輪イベントでは、ガールズバイカー編集長としてトークステージに立つことも。雑誌のPRにもなります。

ー現在、ガールズバイカー編集部はスタッフは何名いらっしゃるんですか? 

原田 今は私ひとりです。企画も一人で考えることが多いんですが、そうすると内容が偏ったりマンネリ化するので、最近は外注の編集ライターさんに企画段階からお願いすることも多いです。あ、でも、今発売中の号でも告知していますが、現在編集スタッフを募集中なので興味がある方がいらしたらぜひ!

原田さんが手がける「カブ only」のムックでの撮影のヒトコマ。これはモデルさんのTシャツのサイズ調整をしているところ。編集とはいえ、スタイリスト仕事や撮影補助などもこなします。

—では雑誌作りの魅力を知ってもらうためにも、原田さんが編集部に入って一番楽しかったことを教えてください! 

原田 取材では初めて経験することもすごく多くて、ハーレーの海外試乗会でスペインを走ったり、北海道や沖縄をバイクで走ったり、レースデビューもそうですよね。中でも印象的だったのは、ホンダのMotoGPマシンの公道バージョンである、RC213V-Sを世界中の女性で初めて試乗させてもらったことでしょうか。編集長だけが参加できる試乗会だったのですが、2000万円するという話を聞いて、サーキットだったのに80キロぐらいしか出せず……(汗)。でも本当に貴重な体験をたくさんさせてもらってます。 

「33歳からのレースデビュー」という企画でこれまで「DE耐」や「ちょっとDE耐」に参戦してきた原田さん。直近では7月15日の「ちょっとDE耐」に女性だけのチームで参戦予定。結果は次号にて!

—逆に大変だな〜と思うことは? 

原田 長時間のデスクワークかな。同じところにじっといなきゃいけない状況が苦手かも。取材に行くためクルマでの超長距離運転……なんてのもタイヘンですね。でも言い換えたら、毎日同じ日がないからすごく楽しいです。2ヶ月に1度雑誌を出すというルーティンワークではあるんですが、日々違うんです。

—じっとしていられない性分なんでしょうね。バイクに乗る女性はそういう人が多いかも。では、編集の仕事に興味がある女性に一言アドバイスするとしたら。 

原田 もし雑誌作りに興味があってやってみたいと思っているなら、まずは一度やってみるといいと思います。編集の仕事は大変ですがそれは自分次第でどうにでもなるので。私は締め切り前にアタフタする方だけど(笑)、しっかりやっている人は徹夜もしていないですし。あと募集要項に何歳までと書いてあっても意外とゆるかったりするので、まずは興味があったらチャレンジしてみてください。バイクが好きで、好奇心旺盛だったら向いていると思います。本を読んだり、文章を書くのが好きならなおさらですね。 

被写体として誌面に登場することも多い原田さん。モットーとして、業界で一番楽しそうにバイクに乗るよう心がけていて、だからいつも満面の笑顔。

—原田さんもそうやって二輪雑誌の業界に飛び込んできたお一人ですもんね。 

原田 私が雑誌が好きな理由のひとつとして、東日本大震災のときに津波で色々なものが流されていた中で、泥だらけになりながらも紙の写真が残っていたのをテレビで観たんです。これがハードディスクだったらデータは残ってないだろうなと。そう思ったときに紙は無くならないんだと思ったんです。あと、雑誌に自分や友人が載ると嬉しいですよね。そういった気持ちがみんなにまだあるってことは、雑誌という文化はまだ特別なものとして残っていけるんじゃないかなと。だから「じゃあ、また次も頑張ろう」という気持ちで長年やってきているのかも。でもこれがバイク雑誌じゃなかったらここまで長くは続けられなかったかもしれませんけどね。


text_Yuko Matsuzaki

photo_Girls Biker、Yuko Matsuzaki


バイクを仕事にするって楽しい? 二輪業界で働くバイク女子に色々聞いちゃうこの企画。

第2回目は、オートバイのレンタル事業を柱とする「株式会社キズキレンタルサービス」でPRを担当する林 香織さんです。 

林さんの愛車はカドワキコーティングで塗装されたピンク色のフレームとホイールがポイントのMVアグスタ・ブルターレ。NEOPASA清水にある「レンタル819」前にて。

ーバイク女子部のイベントでは企画から運営までこなす林さんですが、本業はキズキレンタルサービスにお勤めとのことで、まずはキズキさんがどんな会社なのか教えていただけますか? 

 キズキではドゥカティの新車中古車販売やレンタルバイク直営を行う「Kizuki-DUCATI」(株式会社キズキ)と、レンタルバイクの業務を行う「Rental819(レンタル ハチイチキュー)」(株式会社キズキレンタルサービス)があります。私はレンタル819に所属してますが、最近レンタルの方に「Moto Tours JAPAN」(通称:MTJ)という海外のお客様向けの旅行会社業務も加わりました。 

ー車両販売からレンタル、旅行会社とずいぶんと幅広い業務内容ですね。林さんはそこでどんなお仕事をされてるんですか? 

 主な仕事としては、レンタル819関連の情報発信とレンタル819加盟店さんの売り上げを伸ばすためのPRやサポートが中心になります。 

—入社してからどのくらい経つんですか? 

 キズキに入社したのは6年前です。バイクの免許を取ったのはそれよりも2年ほど前なんですが、私しばらく自分のバイクを持ってなくて、その時に何度もバイクをレンタルしてとっても楽しかったんです。その後、MVアグスタのブルターレを買ってキズキ主催のライディングスクールに通っていたときに広報の方と知り合い意気投合したのですが、レンタル819の企画案を山ほど作って私の方から社長に「働かせて下さい!」とお願いに行きました。10年ほどマーケティングコンサルタントの仕事をしていたこともあり、その経験を生かせたらなと思ったのです。

—ちなみに二輪免許を取るきっかけは何だったんですか? 

 キズキに入る前にカドワキコーティングという塗装の会社にいたんですが、そこはバイクの塗装も行なっていて、身近にオートバイがあったこともありその時に二輪免許を取りました。じつはそれ以前も全国の二輪レースを統轄するMFJという団体でアルバイトをしていてバイクと触れ合う機会もあったんですが、その頃はまさか自分がバイクに乗るなんて考えてみたこともなくて。 

—そうだったんですね〜。ところで、先ほど仕事内容がPRというのは伺いましたが、具体的にはどんな内容ですか? 

 メールマガジンを出したり、facebookやTwitterなどのSNSの発信です。あとは本部業務として、現在140店舗あるレンタルの加盟店さんが、全国統一で同じように情報発信できるようフォローしたり。 

オフィスにて社内の女性スタッフと。いつでも情報発信ができるようPCを持ち歩くことも。

—林さんはいつも外を飛び回ってるイメージがあったんですが(笑)、意外とパソコンに向かっての作業も多いんですね。 

 確かにそうですね(笑)。でもイベントの企画や運営もしています。去年はネオパーサ清水のぷらっとパークで、ライダーのための夏フェスと称して「JAPAN MOTO FES」というイベントをレンタル819主催で開催しました。 

—林さんはバイク女子部のイベントなども積極的に企画されてますもんね。 

 私自身イベントが好きというのもあるんですが、レンタル819としても女性ライダーを応援しているのでどんな風に関われるのか色々考えています。他には、東京モーターサイクルショーへの出展やメーカーや雑誌主催のイベントなど趣旨に合わせて内容を考え、もちろん当日も行きます。けっこう力仕事も多いですし、私、日焼け止めクリームをよく塗り忘れちゃうので焼けちゃうこともあるんですが(苦笑)。

—女性としてはちょっとタイヘンそうですね。 

 でもイベントが好きなので苦にはならないですね。自分たちで企画したイベントにみんなが遊びに来てくれて「楽しかった!」って言ってもらえるのが一番嬉しいので。私、人が好きなんです。だからPCに向かってるのはホントは向いてないんじゃないかと思っていますが(笑)。 いつもイベントの際にフォローや後押しをしてもらえる会社と同僚のみんなに本当に感謝しています。

昨年の「MOTO FES」で開催した浴衣女子会。参加女性はバイクでNEOPASA清水まで走ってきて、現地で浴衣に着替えて夏祭りのひとときを楽しんでいた。

 —そうすると土日はほぼ出勤ですか? 

 仕事柄、土日やゴールデンウィークなどみんなが休んでいるときが稼ぎどきですから。でも最近は交代で土日にお休みできるようになってきました。 

—お休みの日はどんな風に過ごしていますか? 

 レン耐に参加したり、仲間とオフロードレッスンに行ったり、お休みの日も何かしらバイクに乗ってることが多いですね。あとは、年に2〜3回は旅行で遠くに出掛けるんですが、現地でバイクをレンタルしてツーリングを楽しんでいます。普通に料金を支払って、スタッフさんにおすすめの観光地を聞いたりするんですが、自分のバイクだとなかなかそんなに遠くまで行けないので、そういうときにレンタルの便利さや楽しさが実感できますね。あと、お客さんと同じ接客を受けているので、SV(スーパーバイジング:加盟店の売り上げを伸ばすためのアドバイス)にも繋げられるんです。私、会社の誰よりも自分でレンタルしてるんで分かるんです。これだけは誇れます! 

ーそれはどういうことですか?

 例えば、最近はスマホで地図を見る方も多いと思うんですが、レンタルのオプションで携帯ホルダーがあった方が便利だなとか、やっぱり貸し出し用のヘルメットは綺麗な方が嬉しいなとか、自分がお客さんと同じ目線になることで気付けることってありますからね。

休日にサーキット走行やレン耐を楽しむ林さん。オンもオフもどちらも楽しいのだそう。

—それは素晴らしいです!ところでオフィスには林さん以外に女性のスタッフさんはいるんですか?

  いまオフィスは横浜町田と埼玉の鳩ヶ谷にあってスタッフは全部で15名ほどですが、そのうち女性は6名(パートさんを除く)です。 

—男女比の割合としては多いですね。 

 二輪業界では珍しいかもですね。女性もほぼ全員バイクに乗るので、今度女性スタッフだけで伊豆にツーリングに行こうかって話してます。福利厚生でバイクを借りられるので、みんなで125ccぐらいのバイクを借りて。 

—それは楽しそうですね! 

 とくに最近は女性スタッフが増えました。女性にとっても働きやすい職場作りの一環で鳩ヶ谷のオフィスにはキッズルームも新設されたんですよ。試験的にスタートしたばかりですが、小さなお子さんがいるママにとっては嬉しいですよね。私も子供が好きなので嬉しいです! 

鳩ヶ谷のオフィスに新設されたキッズルーム。コールセンターで働くパートさんは子育て中の女性も多いので好評なのだそう。

—女性は結婚、出産、育児で仕事が左右されますよね。そういう意味でも色々話せる女性が多いというのは嬉しいし頼りにもなりそう。 

 趣味を仕事にするのはすごく楽しい部分もあれば大変なこともあります。イベントで立ち仕事が続くときなどキツいな〜と思うこともあって、私もそろそろ引退かな……と思うこともあったんですが、その考えが変わったのが昨年仕事で行った「EICMA」(イタリアで毎年開催されるモーターサイクルショー)でした。たぶんご自分のバイクショップだと思うんですが、品のいいおばあちゃんがチラシを配ってたんです。年相応に白髪やシワもあるんですが、その姿がとてもカッコよくて、ヨーロッパには素敵に歳をとってる女性ライダーが多いなと感じました。だから私も引退とか言わず、歳をとっても乗り続けて、これからもバイクに関わる仕事ができたらいいなと思っています。 

昨年仕事で訪れたイタリアのEICMA。浴衣を来て、レンタルバイクで日本を走る楽しさをアピール。最近は外国語が堪能なスタッフも増えているそうです。

text_Yuko Matsuzaki

ゴールデンウィークが始まったばかりの4月30日(月祝)、新東名高速SA・ネオパーサ清水 ぷらっとパークで、女性ライダーのためのイベント「Lady Go Moto 2018!」が開催されました。


 今年は関東、東海、関西などから、150名の女性ライダーが集結しました!

このイベントは、facebookのグループ「バイク女子部」が主催するミーティングで今年で3回目を迎えます。第1回目はメンバーが1000人に達成したことを記念して開催。イベント名は「バイク女子部1000人達成記念ミーティング」として開催し、100名ほどの女性ライダーにお集まりいただきました。 

その後「バイク女子部」メンバー数はどんどん増え、現在では1700名!昨年からはもっと多くの女性に集まってもらいたい……という思いから、イベント名を「Lady Go Moto!」とし、今年はなんと150名の女性ライダーにお集まりいただきました(サポート男性も含めると約180名の来場)! 

ネームシールには名前と愛車名を。これがあると話のきっかけにもなります!

ちなみに、「Lady Go Moto!」とは、オートバイを始めよう、オートバイを楽しもう、女性パワーでバイクを盛り上げよう(LadyにはReadyという意味合いも込めています)という気持ちが込められていて、このウェブメディアも、じつはそのバイク女子部のイベントがきっかけになって生まれたものなのです。 


試乗会、トークショー、じゃんけん大会と内容は盛りだくさん!

当日は初夏のような快晴!イベント開始の10時前から多くの女性ライダーが集まり、会場では、車両展示や試乗会、トークショー、じゃんけん大会などで賑わいました。 

トークショーでは、二輪ジャーナリスト・川崎由美子さんがバイクの取り回し術やライディングのコツを紹介するプチ座学講座を実施。小柄な川崎さんがバイクを指1本で支える姿を見て、会場からはどよめきが。同じ女性の目線でお話をしていただいたのでみなさん参考になったのではないでしょうか。 

二輪ジャーナリストであり、アンサンブルピアニストでもある川崎由美子さん。身長155cmと小柄ながら、大きなバイクを乗りこなす姿はカッコよすぎます!

二輪ジャーナリストであり、ライディングスクールのインストラクターなどもされる小林ゆきさんには「女が一人でバイク旅に出る」をテーマに、ツーリング雑誌時代に旅先で体験した話から、女性が長くバイクに乗るためには身体のケアも必要だということなど、女性の立場からディープにお話いただきました。また、ゆきさんには自身がプロデュースするビーズアクセサリー「Kommonうでわ」でも出店いただきました。 

女性のイベントということで、小林ゆきさんからはかなり突っ込んだトークが!?
「Kommonうでわ」のてんとう虫のチャームが付いたビーズアクセサリーは「転倒なし!」のお守りとして。

ライフスタイルエッセイストの小林夕里子さんは、自身がプロデュースするアウトドアブランド「nomadica(ノマディカ)」で出展いただきました。ブースにはテント(テンゲル)や寝袋(ネグジル)が並び、“なりきりキャンパー写真”が撮れるという楽しい企画も用意され、バイクキャンプに興味のある女性たちで賑わっていました。

軽井沢と浅間エリアの情報を詰め込んだフリーペーパー「Karu ×2 (カルカル)」を創刊したばかりの小林夕里子さんは、愛車のBMW R80G/Sでいらしていただきました。
着られる寝袋(ネグジル)で、なりきりキャンパーを満喫中〜!

さらに今回は二輪メーカーの出展も華やか! 

ドゥカティジャパンからは、ニューモデルが6台も展示され、ドゥカティのイメージや魅力についてのアンケートを実施。憧れのバイクに跨がれるということもあって、スマホ片手にまるで撮影会のような雰囲気。 

オシャレなスクランブラー シリーズ。こちらはセパハンがクールなスクランブラー・カフェレーサー。
鮮やかなレッドが眩しいドゥカティ・スーパースポーツ。レーシーなSSは女性にも人気です。
ブースではドゥカティに関するアンケートが行われていました。あなたのお気に入りは?
なんとドゥカティ ジャパン社長、マッツ リンドストレームさんもご来場いただきました。しかも当日はムルティストラーダに乗っての登場!

モトラッド相模原トライアンフ東京では車両展示と試乗会を実施。女性に興味を持ってもらえるよう「つうしんぼ試乗会」と題して、2メーカーを乗り比べてポイントを付けていくユニークな試乗会が開催されました。その効果もあり試乗枠はすべて埋まり大盛況。普段はライバルである両メーカーがタッグを組んで試乗会を実施していただけるのも、女性ライダーイベントならではないでしょうか。 

(左から)モトラッド相模原の倉持さん、佐藤さん、トライアンフ東京の西川さん、加賀さん。試乗の女性たちに優しくアドバイスしていただきました。
シールでポイントを付けていく「つうしんぼ試乗」は乗るのも楽しくなります!
みんなが付けたシールポイントが試乗する際の参考にもなりそうですね。
トライアンフ ボンネビル ボバーに跨る川崎由美子さん。足着きもバツグンです!
みなさん興味のあるバイクに積極的に乗ってらっしゃいました。

サインハウスからは、4月末に日本での展開がスタートしたばかりのランブレッタのスクーターと、ツーリングライダーの必須アイテムであるインカムB+Comをはじめとしたバイクギアを展示いただきました。インカムのあるバイクライフを楽しむ人はこれからさらに増えそうな予感がしました。 

(左から)サインハウスの橋詰さんと野口さん。ランブレッタのオレンジ色はこの会場が初お披露目!
バイク用スマホホルダーやインカムは、ツーリングライダーの必須アイテム。バイクギアの充実でバイクライフが何倍にも快適になります。

集合写真と流し撮り動画撮影を終えたお昼すぎには、お待ちかねのじゃんけん大会のスタート。今回も、女性ライダーを応援したいという各メーカー&個人のみなさまから本当にたくさんのプレゼント協賛をいただきました。ありがとうございます! 

じゃんけん大会では賞品の充実と大盛り上がりで、予定時間を大幅にオーバーしてしまいましたが、炎天下の中、みなさん最後まで楽しんでいただけたようで本当に良かったです。facebookにアップされる写真1枚1枚からその楽しさが伝わり、本当に笑顔が溢れるイベントになりました。 

このイベントですが企画自体はバイク女子部ですが、関わっていただくすべてのみなさんで作り上げるイベントだと思っています。受付をお手伝いいただいた女子部メンバーのみなさん、協賛いただいたメーカーのみなさま、駐車場の誘導をしていただいた男性陣、そして当日ご参加いただいた女性ライダーのみなさま、本当にありがとうございました! 


SNSで繋がった女性ライダーが、リアルに会えるのがイベントの良さです。今後も定期的にイベントを開催したいと思っていますので、ぜひまた遊びにいらしていただけたら嬉しいです。女性ライダーの輪がさらに広がりますように!